階段蹴込み板の色替えシート貼り3Mダイノックプライマーを添えて

本日は建材メーカーさんからのご依頼で階段蹴込板の色間違い?仕様変更?に伴うシート上貼り作業です。今回はメーカーさんから支給されたタックシートを使用していきます。

とにかく下地処理が大事だぞ!

今回の蹴込板に使用されているシート材、密着性が非常に悪いんですねー。
しっかりとペーパー掛けを行い、足付けをします。#220のペーパーを使用します。

これくらいペーパー掛けたら、掃除をして、脱脂。

マスキングテープで食い付きを確認し、問題無ければ次は密着剤を塗っていこう!

3M社のダイノックプライマーを刷毛塗りしていきます。厚塗りすると塗料だまりが出来てしまい、シートを貼った際に凸が出てしまうので、薄塗りを2回すると満遍なく塗れますし、シートの仕上がりも綺麗です。
乾いた後は、ゴミや毛などが付着していないかチェックし、カッターやヘラなどで処理しておきます。
主張の強い縮れ毛は常連さんです。
体毛が濃い目の方は、ここ1番の現場の前日は、剃っておくと安心感が増すでしょう😾

プライマーを乾かしている間に、貼る対象物よりも少し余裕のある大きさにシートをカットしておきます。あまり大きくカットしてしまうと、入隅を追い込む際に邪魔になります、逆に余裕がなさすぎると、夜更かしで白目の状態なんかで少しでも斜めに貼りだしてしまうと途中で足りない!?
っなんて事になるので注意が必要です。
裏紙を剥がす前に対象物にあてがい、真っ直ぐに調整をしてから上段の踏板と蹴込み板の入隅のラインに合わせて貼り出します。
帽子が階段に当たり、邪魔だとしても決して脱がないでおきましょう。お気に入りのご様子です。
紅組、かっくん、頑張っています🏃🏻‍♂️

蹴込み板、踏板、側板の3方向の入隅はシワになりやすい部分ですので無理に追い込まず、写真のように折目をつけてから追い込むと良いでしょう。
この時、余っているシートが大き過ぎると非常に邪魔です。
狭いT地路の家の角にあるやたらとデカくて忌々しい石ぐらい邪魔です。いけず石といいます。車がぶちあたったら念の為、表札の写真だけ撮っておきましょう🤳

シートを追い込んだら、入隅をヘラを当てカットしていきます。

大体こういう作業の時に限ってやたらと職人さんの出入りが激しく、幾度となく作業の手が止まりますがそこはお互い様。
色々な職人の技が集結して、一つの家を力を合わせて創りあげるのですから、リスペクトし、譲り合う気持ちが大切です。
そうでなければ、良い仕事も家も出来ないってもんです。そう思いませんか?

僕はこう思います。

「前の方がカッコ良くね?」

シャッターボックスの補修跡劣化の補修

たかが補修、されど補修。

補修において1つの大きな壁となるのが
      
 『耐久性』

オリバーカーンのごとく立ちはだかるこの壁に

時に守られ、時に傷付けられる

切ってもきれない、持ちつ持たれつ、ジキルとハイド的な要素を持つそれに振り回される補修屋さん


今回は、以前どこかの補修屋さんが直した跡が半年ほどで剥離してきたようで、
再度補修のオファーが弊社に入りました。

よくみるとペーパー目も残っていますね。 多少の不陸もあるようにも見えます🤔

パテが剥がれているというよりは塗膜が剥がれきている状況。
パラパラとは剥がれないものの、このままにしておくと塗膜とパテ、パテと基材の間に水分が侵入し、もうあの頃に戻れない、悲しい状況になってしまうので早めに対処した方が賢明です🙆‍♂️

作業した業者さんに手直しのクレームをつけたのか、そしてそれを断られたのかよく分かりませんが、お客さんも困ってますし・・そんな状況だと逆に懸念事項言いづらいですが、とにかく有無を言わずやっつけてしまいましょう💪🏾

まず劣化している塗膜を剥がすところから始めます。
今回、塗膜が厚めなので#120のペーパーでガツガツ削り込み。足付けも兼ねているので容赦なくいっちゃいます。
削り終えた後はよく清掃・脱脂し、プライマー処理後パテ充填といきます

が、
通常よく使用するポリパテ等を再度充填しても、同じ結果を招く可能性があるので、ここで一手間加えます!!


⭐️いなせテクニック⭐️
今回は強度を持たせる為、
クイックメンダー+タルクでパテ状にしたものを使用👨‍🔧

多少削りにくい感じはしますが接着力に関して は安心感が違います。
クイックメンダーはホームセンターで手に入るエポキシ系接着剤で、タルクも同じくホームセンターに置いてあります。

※タルク:鉱物を粉末状にしたもの。
ドラッグストアにあるベビーパウダーやボディパウダーなどでも代用可。

ここからは通常通り、丁寧に面を整え

プラサフ塗布後、ガンで吹き付け塗装…ではなく、
現場に同じ塗料が残ってましたので、ローラー塗装にて完了!!ラッキー🤞

仕上がりました!

べべんっ🪕

『補修』とかけまして

『インサート』と解く

その心は

どちらも、長持ちすると喜ばれるでしょう🙇‍♂️
               ※諸説あり

とれなくなったお風呂クレヨン落書きを落とす!!

小さいお子様持ちの奥様必見!

皆さんはお風呂で使用するクレヨンなるものをご存知でしょうか?
いくつか種類はありますが、用途としてはお絵かき好きな幼子がお風呂の壁をキャンバスに見立て、縦横無尽に独創的にお絵かき出来るという代物でございます。

そのクレヨンを使った事件が今うちん家で起きてしまいました。
大体察しはつくと思いますが、

そう

消えるはずの絵が消えないんです。

変な絵、全然消えないんです。

もはや我が家の恥部です。チブ。イニシア恥部…

この浴室用クレヨンは描いてすぐならお湯をかけるとキレイに落とせるのですが、少しでも時間が開くと消しにくくなり、うちみたいに半年開けると最終的には消えません。
いや、僕も補修屋さんの端くれなのでそれなりの方法は試しましたよ。

1メラミンスポンジ
2浴室を温めた後、浴室用洗剤サランラップの術
3オキシクリーン 
4重曹&クエン酸のミックス
5ウタマロ  等々

※お風呂の壁なので溶剤は使用していません。
汚れ落ちずに艶落ちるパターンにハマる可能性考慮。

どれも効果無し。

それから月日が流れ…見て見ぬ振りで半年が経ってしまいました。

まぁここは焦ってもしょうがないのでいつもお世話になっているGoogle先輩に助けてもらって一発で解決でしょ!っちゅうことで検索してみると、
ありましたありました! 皆さん悩んでおられます。

「お風呂のクレヨン危険!」
「何しても消えないんです!!」
しまいには
「消せないなら塗ってしまえ!」
なんていう荒々しい書込みも見受けられます。 
まだまだ探っていくとー?ありました。解決方法。
「お風呂上がりのメラミンスポンジが1番!」
「洗剤ではびくともしなかったのに!メラミンスポンジですんなり消えました!」

愕然ですよ。ガッカリです、ほんまに。
僕が1番最初にやった方法で皆さんこの問題をクリアしとったんですわ!!
普通なら、「もうあかん。取れへんわ。もう無理や。」ってなるとこですが、僕にも補修屋のプライドがあります。皆さんメラスポで落書き取れてるんです。洗剤あかんけどメラスポで取れてるんです……

よくみると細かい溝でチェック模様が構成されている感じでその溝にクレヨンが入り込んでるように見えます。

ピーンッときました。
メラスポという事は結果的に削り取ってるわけですよ!
という事は削り取ったらえぇんでしょう!!
※メラミンスポンジは研磨材です。ミクロ単位で汚れを削って落とす仕組み。

ということでこんなもの揃えてみました。

・3Mダイナマイトカットコンパウンド
・3Mハード1
・スポンジバフ、ウールバフ、タオルバフ
・マキタ ランダムポリッシャー
※コンパウンドとは粉状の研磨剤を薬剤と混ぜ合わせ、ペースト状になったものです。

もうここで決着をつけたかったので、余計目に揃えてみました。もう本気です。

軽く拭き掃除した後、ポリッシャー にウールバフをつけてダイナマイトカットを少量(ダイナマイトカットは目消し用・肌調整用で削る力は強い方です)

こんな感じ。いざ磨いてみると

えっ、
めっちゃ消えるやん!
予想外!!
今までにない好感触!!
あんだけメラスポで擦っても取れなかったものが一瞬!!
いややっぱりダイナマイトカットさんは頼りになります!

ものの数分で

キレイさっぱり仕上がってしまいました。

あんなに道具を揃えなくてもダイナマイトカットとウールバフとポリッシャー さえあれば怖いもの無しです。
いや、もしかするとボロ雑巾にダイナマイトカット手磨きでもいけたかもしれません!
よかったよかった!


※今回のこのやり方はうちのこの壁面材にたまたま合ったやり方だと思います。この記事を読んで試される方は自己責任でよろしくお願い致します。

補修道具 マキタVC350DZ(充電式粉塵専用小型集塵機)

角さんの LOVE TOOL

フロア貼り替えを行なう際、既存フロアを剥がす為にまず丸鋸で切り目を入れますが、木の粉、いわゆる粉塵がかなり飛散します。
それを吸ってくれる集塵機。これがまあそこそこ大きくかさばります!
補修で入居済みの現場に入るとおわかりになると思いますが、家具、入居者、ペットの間を縫って作業するので、使う道具を縮小したいと思うのが人の想いです。
今使っているマキタ483P粉塵専用集塵機8L、8Kg、吸込仕事率300W、ホースの長さ5m。まあまあ型遅れですが、マキタが8Lの集塵機を出した初期頃の機種で、今も大工さんが使っているのをよく目にします。

フロア貼り替えでの使い心地、集塵能力は長年使ってても申し分なく、貼り替え現場のよき相棒です! 昔の機種に比べると本当小さくなりました。 
ただこれ以上移動出来ないソファーや、動き回るフレンチブルドックの中で作業するのにはまだまだ小さくしたい! 尚かつ作業効率も維持したい! あわよくばモテたい!

。。そこで、携帯性といえば充電式!
VC350DZ粉塵専用小型集塵機、3L、2.4Kg、吸込仕事率50W、ホースの長さ2.5m。

凄く小さくなります。下写真で比べてみると

圧倒的に作業する場所の自由度が違います。

ちなみに丸鋸は充電式集塵機の時は、KS511DZ充電式集塵丸鋸を使っています。個人的に鋸目が見やすいのと、取り回しが良いので、ダストカバーを集塵口が上向きタイプに換えています。なので小規模の差し替えは、この集塵機を肩に掛けストレスフリーで切り込んでいけます!

マキタ別売りのラウンドブラシを付けての粉塵掃除もはかどります!
ラウンドブラシは毛足が長く硬めなので、ローモードで、サンダーで塗膜を剥離した粉塵等も、ビニール養生の上からビニールをある程度吸い込まずに取ることが出来ますよ!

後は致し方ないことなんですが、どうしてもAC機に比べると吸込仕事率がかなり低いので、上向き口ダストカバーとプレートの間から吸込みきれない粉塵が飛散します。丸鋸を走らせすぎるとその分出ます! 
あと電動工具との連動機能が無いので、ボタンをONにしないと無視されます。当たり前なんですが、連動に慣れているとついつい忘れがちになり、知らぬ間に粉塵が飛散していることも…
丸鋸を止める度にボタンをONOF押すのが正直面倒くさい時もあります。

ただ上記のことは、もともと付いてるでかいダストカバーに戻すとか、丸鋸の回し方、スイッチの手間をかけることで解消される部分があるので、電源確保も気にしなくて、14000円程度で買える集塵機と思えばかなりお買い得ではないでしょうか!

肩から掛けられるので、ショルダーバッグ感覚で、最先端ファッションとして取り入れてもいいですよね!
秋口は、ダウンベストと合わせるが気に入ってます◎

ピーコさーん
ファッションチェック甘口でお願いしまーす!

無い方が良いが無いと困る仕事「補修屋」

限られた時間の中で・・

どんな仕事でもそうですが、予算が組まれていてその予算内で仕事を完結させることが目標とされています。
我々の仕事も予算に組み込まれなければならないはずなのですが、一般的に「無い方がいいが無いと困る仕事」というあまり他に無い立ち位置にある為か、予算が組まれにくかったり元々入ってなかったりということが 多々あります。

今回もそんな仕事の内の1つ。
「すみません、フローリング の補修お願いします。予算が無いので1時間(料金)でお願いします。写真もありませんが今週中になんとか!」

予算が無いのでという枕詞、
『絶対何もせーへんからホテルいこ!』という浅はかな獣の常套句・・・

分かってるんです。

1時間で終わらない内容なんだろう。。今回も。

分かってても笑顔で引き受けましょう。
『don’t forget to smile』

ガチャっ(扉)

えっ・・

Oh!  Shit !! 

色剥がれ4ヶ所とツヤが引けているところは無数の引っ掻きキズ。。

『don’t forget to smile』
『don’t forget to smile』

無数の引っかき傷 本来であれば、半日の内容 1時間の依頼なら色剥げだけを着手か ・・。

(今回頑張ってやってしまうと、これから、いいように使われる関係に成り下がってしまう可能性は否めない・・)

HA HA.. HA HA HA HA HA HA…..

『don’t smile』。。。。
『don’t smile』。。。。。



don’t forget to smile

don’t forget to smile。。。


ジョーカーに変貌する気持ちを
なんとか落ち着かせ
限られた時間の中で出来る最高のパフォーマンスを施すしかない・・

「無い方がいいが無いと困る仕事」の立ち位置ゆえ勘違いしてしまう同業の方もいると思うが・・・
私達は、ただキズを直すだけでなく、現場毎に変わる依頼主の要望や現場状況を一瞬でプロファイリングし作業時間と仕上がりレベル、そしてお金の問題を、絶妙なバランス感覚で落としどころに落とし込む。そう、それが補修屋・・・
どんな素材、形状のキズでも、何百とある材料、道具、知識、経験を駆使し誰もが想像を凌駕する作業スピードでキズを直す。復元する。そう、それが補修屋・・・    

(本当は分かってほしい、だが黒子故・・)

1時間の中でもやれる事はある。

常に頼られる存在でありたい
と日々研究しています。


補修を行いお代をいただいているのではなく、
補修を行いお客様を笑顔にしてお代をいただいております。

笑顔のご用命は
BOWABOWA修復株式会社まで・・・

「ボワさん、この前の現場、1ヶ所やり残しがあったよ。明日までにやっといてね。」

Oh!  Shit !!  

 

オリジナルポリエステルパテを作ってみよう!!

ポリパテを作ってみよう!

補修屋の皆さん、こんにちわ。

今回はなんと、
ポリパテを自分で作ってみようと思います!!

何でわざわざ作るかって?

訳-1 作れる事を知ってしまったから
訳-2 好奇心
訳-3 使いきらずに固まる切なさ。勿体なさ。
訳-4安く良い物を手に入れたと自慢したい関西人

という事で、今まで作る発想もなく
当たり前のように買っていたポリパテを手作りする為、色々調べてみると聞いた事ない材料があれやこれや

それがこちら

↓↓↓↓↓↓

①低収縮タイプ 不飽和ポリエステル樹脂インパラフィン
②FRP用硬化剤
③タルク(食品添加物)
④ガラスクロス(ホソメ)

多分、『ねるねるねるね』とほぼ同じ材料🤫

樹脂が半年ほど使用していなかったせいか
黒っ!?
もとは乳白色だったんですけどねぇ、、、まぁ問題ないでしょう!

まずは

手順-1
①樹脂と③タルクを比重1:1で紙コップ等に計量し、攪拌していきます。ダマが残っていると仕上がった際、パテに巣穴が出来てしまうので、ここはよく攪拌しましょう☝️

手順−2
とろみ加減、粘度の確認。
少しゆるいと感じるので、粘度調整でタルクを追加します。今回は小さじ1杯程。パテの粘度は状況やお好みで調整して下さいね。
そして再度ねるねるねるねし、粘度の確認!

おっ、いい感じになってきましたね💡

手順−3
②FRP硬化剤を添加し、攪拌

硬化剤の添加量で硬化時間の調整にもなりますが、多すぎ、少なすぎだと硬化不良になってしまうので、色々試してみてね🥰

手順−4
そしてパテを打つ!!

はいー!!

いい感じに滑らなパテが出来たんじゃないでしょうか✨

しかーし!!

ポリパテってすぐ割れますよね。
実は物質としての強度あんまり無いんですって。
すぐ傷つくし、叩くと割れちゃう華奢なポリパテちゃん
そんなポリパテちゃんを強化します💪🏾

このポリパテ(樹脂+タルク)に

④ガラスクロスを細かく刻んで適量混ぜ込み

練っていくと



合体!!

シャキーン!!

イメージ図

こんな感じにガラスクロスファイバーをインする事でポリパテが強化されます🦾

↓↓↓↓↓↓↓↓

イメージ強過ぎますがあくまでもイメージで☺️

左:ポリパテのみ
右:ファイバーinパテ
中央:ポリパテに硬化促進剤を添加し たものです。

緑がかった乳白色の綺麗な色ですね。
ポリトナーを添加する事でパテの色も調色出来ますよ👍

《市販のポリパテとの比較》

1.力を加えると同様に割れます
強度の必要な角部や広範囲多量に使用するにはちょいと厳しいかもしれませんが、軽微な凹みや抉れ傷などに充填し使用するには全く問題ないでしょう。
むしろ使いやすそう。
強度は市販のポリパテレベルといったところ。

2.切削性は市販の物より少し悪いかな?
なかなか固いです。
言い換えればそれは傷つきにくいという事か!?
#240~ペーパーで ガシガシって感じかな?
実用性には問題なさそうです。
使用する樹脂にもよると思うので、色々と研究が必要。

3.ファイバーinパテの方は

えっ!? ナニコレ?
超かたーい♪カッチカチ🦾
手では割れませんでした!!
角部いけるねこりゃ、やったね♪

《ポリパテを作ってみて得たモノ》

普段手軽さや知識不足、当たり前の様に二次製品を購入し使用する事が多かったのですが、

今回、簡易的ではありますが一次製品から造るという作業により、様々な知識が増えました! まだまだ研究は必要ですが🧪

ちょっとした手間で安く良いモノが手に入るという事、ありとあらゆる場面でニーズに合った ものが自分で造れるという事が分かりました。

補修に一番大切な『モノを【造る】』を得たのでは無いかと思います😏

と、い、う、こ、と、で。

オリジナルのファイバーポリパテが出来たので、今度現場で使ってみようと思います✊

パテ取れてきたクレーム出たらごめんなさい🙏
社長ー

コンビ二のアルミサッシリペア

悲しみの向こう側

コンビニエンスストアのアルミサッシ の歪み・凹みの依頼です。
写真にはありませんが、依頼写真にはタイル面にも相当なダメージがあった様子。既に張り替えた後のようです。
現場監督さんは伏し目がちで何か悲しげな表情で、「あとはお願いします。夕方に仕上がり確認に来ます。」とだけ言って行ってしまいました。
私の頭の中では、コンビニエンスストア+外壁、アルミサッシ ダメージ=車の接触事故という構図が浮かんでいましたが犠牲者が存在する可能性がある事象に関してはなかなか発生原因は確認しづらいものです。
この手の依頼は何度か経験があった為、状況から恐らくアクセルとブレーキの踏み間違いではないかと安易に想像できました。

アクセルとブレーキの踏み間違いに関しては連日ニュースで取り上げられていた様に高齢者に多い事故のように思われますが、実際踏み間違いに関しては意外にも若者の方が多いという統計が出ています。

しかし、高齢者になると踏み間違いに気付いたあと、踏み直すという動作に移るまでの反射神経が鈍り、結果、事故に繋がるパターンが殆どだそうです。

…話が逸れました。
浸っている場合ではありません!
こんな悲しい雰囲気が溢れている凹みはバシッと直してしまいましょう!!
 
まずジャッキアップで広範囲の歪みを整えます。これに関しては写真を撮り忘れた為イメージ画像でお届けしております。

歪みが整ったらありとあらゆる工具(ハンマー・バイス・ポンチ・角材・モンキー・グラインダー ・サンドペーパー等使えそうなものはなんでも)を駆使しパテをうてるところまでもって行った状況がコレ。

見た目ひどいですがこれくらい削らないとパテの剥離に繋がりますのでここは思い切って削った方がいいです。因みに私は足付け時のペーパーは80〜100番でゴリゴリやっております。
シリコンオフで脱脂が済んだらいよいよパテ処理です。
今回使うパテはポリエステルパテ。しかも比較的安価なポリ◯ックを使用します。実際にはわからないですが、安価ゆえ少し信頼性に欠ける部分があるので強度と粘度を持たせるためにチョップドストランドとミルドファイバーを適量混在させます。

するとこんな感じに

何回かに分けて充填して研磨

後はいつものように調色したアクリルウレタンを吹き付け、クリアーまでいくとこんな感じに

悪くはないんじゃないでしょうか?!

少し早く終わったなーって思っていたところに監督さん再登場、グッドタイミング!
しかも心なしかスッキリしてる感じ。

「今朝はなんかごめんやで、なんかワシ愛想わるかったやろ?二日酔いでめっちゃあったまいたくってよー、ほんまごめんやでー、ほいでもうおわったん?あっ、ほんまぁ、ありがありがとう、うわッ、めっちゃきれいなってる、どこ直したかわからんやん!ほんまにたすかったでぇ、これなぁワシが二日酔いで現場行く前にここ停めてゆっくりしとったら寝てもうよぉ、お客さんとこ行かなあかんのにパッて起きたら完全に時間すぎててほ〜らもぅあせったでぇ、ほいでもうあせってもうてるからバッてアクセル踏んでもうてほしたらこれや、ここ車止めないから余計やでなぁほんまー」


…この人、めっちゃ喋るやん、んで犯人この人やん、てか全然懲りてない…ていうか全然高齢者ちゃうやん…ただの悪酔した二日酔いのおっさんの飲酒事故やん…ちょっと浸って損したわ……

という心の声にフタをして、明日につながる笑顔で現場をあとにします。
・・・・僕は知っている。
こういう少しおっちょこちょいな監督さんの存在がリペアの仕事を作ってくれている事を…

コンクリート補修


テラフォーミング〜人類移住計画〜

府内某所 とあるオフィス街

日々の喧騒に追われ往来する人々の足元に、人類存亡の足掛かりとなる計画が進行していると言う事を、人々はまだ知る由もなかった。テラフォーミング失敗の爪痕が。。。

テラフォーミング(英: terraforming)

人為的に惑星の環境を変化させ、人類の住める星に改造すること[1]。「地球化」、「惑星改造」、「惑星地球化計画」とも言われる。

 

テラフォーミング技術の発展なくして、我々人類の未来は閉ざされてしまうと言う事は、まだ伏せられた事実である。

このような技術レベルでは、火星を安住の地へテラフォーミング出来るまでに地球は滅んでしまう。

頭の固い連中にこの地球の未来を託す事は出来ない!

1人でも多くの人々にテラフォーミング技術の伝達をしなければ人類の助かる道はないんだ!!

 

と、言うことで今回のご依頼は、アールの縁石と取り合っている縁石を一体化させるコンクリート補修のご要望です!!

 

 

こうなった理由は色々考えられますが、おそらくテラフォーミングの練習かテラフォーミングを甘くみた監督の仕業なのではないでしようか。

 

今回は左官と補修テクのハイブリットでいきます!!

まずは、出来る限りの強度を確保する為、

充填剤が極力取れないよう、コンクリート用プライマーを塗布。速乾性ポリマーセメントを充填。

左官小手で形成!

これだけで形成させると意気込んでやりましたが。。。

左官屋さん、テクまじ半端ないって。。

 

※今回は10分硬化型のセメントを使用しましたが、こねてる間(30秒程)に硬化反応が始まってしまいました。

本日、午後の気温は35℃。ヒーハー!

夏場は60分か120分硬化型がいいと思います。

ある程度充填したら、こっからは補修屋さんの力技!

ホワイトカラーの人達に白い目で見られながらも、コンクリサンダーで削り出し、そして充填、削りを繰り返し、仕上げはサンドペーパーで形成完了!

 

目地はグラインダーで削り、緩めに希釈したモルタルで一発仕上げです。

 

形成が終われば、色合わせの塗装を施していきます。

一般的な水性塗料を使用すると、塗装した部分だけが雨等によって濡れた場合、濡れ色にならず補修した箇所が目立ってしまいます。

ある程度、濡れ色にも対応出来る無機系水性塗料を調色し薄ーく、うっすぅーく塗布していきます。奥義サガミオリジナル!

※厚塗りしてしまうと、水分を弾いてしまうので注意。

また粘土の高い塗料の為、スプレーガンは口径1.5mm以上がお勧めです。

さらに、使い終わったらすぐに洗浄しないと固まってしまうのでここも注意必要です。

 

最後の仕上げで、コンクリートの水酸化カルシウムや炭酸カルシウムの風合いを出す為、調色した塗料をスポンジに含ませ、トントントントン、ふふふふふん。で、完成!

 

テラフォーミング ミッションコンプリート

 

 

 

テラフォーミングリペアで人類の未来を切り開く

 

この事実、信じるか信じないかはあなた次第です!!

 

ハイガー産業コンプレッサーカスタム!?

補修少年ケーシーの大冒険 (Repair Boy KC’s Great Adventure)後編

さて、前回はハイガーちゃんを塗装で使用した訳ですが、大癖コンプレッサーである事が判明!?なんとか塗装でも使えるコンプレッサーにカスタマイズしなければ、ケーシに未来は。。。


第二話『命懸けのカスタム編』


こいつぁ磨きゃ光るんだよ、きっと!!

兎にも角にも空気量の確保。
この問題さえ解決出来ればなと。
最低でもガンの吹きはじめと、コンプレッサーが自動停止した時、吹き続けれるだけの空気を確保する必要があるのです。
裏を返せばそれだけの空気さえあれば十分という事。
エアタンクを増設すれば間違いなく改善されるが、極力持ち運びやすさを重視したいので、もっと簡易的なモノでなんとかならんもんか、、、でもデカくなるのは嫌やしな。モノはデカくなって欲しいけど😝

ネットで調べると色々と出てくる!!
塩ビパイプでエアタンクをDIY!とか、エアーガン用の小さいタンクを使用するとか、、、
うーむ、安全性や収まり具合が微妙やなぁ。

はっ!?ケースをザクの両頬みたいなんに出来ひんかな!!カッコいいし✨

あれ!?
ザクみたいにカッコ良くは無理やけど、太ホースをケースにグルグル巻いて簡易タンクにしたら少しぐらいは空気確保出来るんじゃない?ホースDEタンク!ええやん!やってみよっ🏃🏼💨

《実験》
大容量エアホース内径9〜9.5mm、長さはケースにぐるりと巻いてえぇ感じになる5mぐらいのホースを用意。マスター角から頂いたものですが、、しかもエアダスター内蔵のめちゃええやつ、、す、すみません‼︎
コンプレッサー吐き出し口にエルボをかまして、ホースDEタンク→ケースにぐるぐる巻く→エアレギュレーター→内径8.5mm×長さ10mのエアーホース→手元エアフィルター→スプレーガン。てな具合で。
この仕様で一体どれぐらい確保出来ているのか、わからん。わからんけど、なんとなくいけそーな気がする💡

LPH101をセット完了

ドキドキ、ドキドキ、き、緊張する。。待合室くらい緊張する。。

青空の下、カスタムハイガーいざ試さん!

お、おっ、あれ、ハイガーやれるじゃないか、、これ正解!?
もうちょいでメルカリに出すとこだったよ、、送料込み2万ぐらいで、、うれしいよ、ありがとうー😭😭😭😭😭

「ケーシー。。」

んっ!?
はて、今日は未入居現場で誰もいないはず。

「ケーシー。。」

!?
誰かいる!?

ケーシー、ワタシ『ハイガー産業 タンクレスコンプレッサ ーHGDC880N1』のイガ子ヨ

😵!?!?!?

ケーシゴメンネ、ワタシモウレシイ
ワタシスグアツクナルトコアルシ
ピストンシンドウデチョットズツウゴイテシマウヨ
ワガママムスメダケドソバニイサセテネ

《ナレーション》
ハイガーに愛を注ぎ、ハイガーちゃんの声が聴こえるケーシであった。。


イガ子、可愛いなお前は
これからたくさん床とかアルミとかいっぱい染めていこうなっ よしよし 熱ッッ

太ホースを簡易タンクにする事で、吹きはじめに一気に圧が下がる現象が解消され、またコンプレッサーの設定圧に達し運転停止しても簡易タンク内の空気でなんとか補ってくれている!本体が猛烈なピストン運動により熱なるのはどーにもならん!もー知らん!アルミテープ巻いとけ!

よし、来週の玄関扉剥離再塗装で本番だ!

後日、、、

めちゃええやん!バッチリやん!デカめの玄関扉でもなんなく塗れるやん!
しかも、ガンから水ぜんぜん出ぇへんなってるし手元のエアーフィルターもいらんやん!
もー言う事無し!!


《ナレーション》
こうして、ハイガーを塗装でも使える相棒、いや、パートナーにするカスタマイズに成功したケーシであった!!

フローリング補修の「カッター面出し」

いなセンス補修テク カッターによる『面出し』!!

補修作業の工程の1つとして、平滑な面を形成する『面出し』。
『面出し』の方法は複数あるが、今回はカッターの刃を用いた『カッター面出し』の作業方法を紹介しよう。

※使用するパテはジェル(アルテコやリペアジェルのようなシアノアクリレート系)

この場合、サウンドペーパーを使用しての『面出し』が一般的だと思うし、そう教えられてきた。
補修をし、『面出し』を繰り返していく中である違和感に気付く。。。
『面出し』ってなんやねん!?『面出し』って言いすぎて『面出し』って言いたくなくなってきた。
※以下、『MDC』。。。ウィッシュ!

てなわけで、サウンドペーパーを使用した場合、平滑な面を手に入れ易くはなるが、
その代償として、
・クリア層にペーパー目がついてしまう。それを消すためシーラーやたらクリアスプレーを吹き散らす。
・塗装物や強化紙であれば色を剥がしてしまう。
・ペーパーを当てて欲しくない。なぜなら表面がコンマでもすり減るのが許せない、センシティブなお施主様の逆鱗に触れる。

こんなストレス耐えなれないあなたへ、少しでもストレス軽減の為
極力サンウンドペーパーを使用しない、カッター『MDC』をやってみよう!

使用するのは普通のカッターナイフ(黒刃でなく一般的なやつ)
普段使用しているのであれば、パキパキ折っていって最終的に使えなくなったサイズでOK!

あまり長すぎると使いづらい(他にキズをつけてしまう)ので、写真位のサイズで充分です。
☆注意 必ずポキ※1を使用しましょう。 

※1 《正式名称》 安全刃折処理器ポキ 

って言うんですって!?ポキて。でも言いたくなりますね☆ポキ☆  グラップラーポキ。。未来少年ポキ。。。ポキ兄 。。。。

良くあるフロアの凹みでやってみよう!

ここにジェルを充填していきます。

☆いなせポイント☆
ジェルは一気に充填しようとせず、すり切りで傷部のみに充填していく要領で、 傷の周りにできる限り余分なジェルが残らないよう、ヘラを立て気味に通していく。

奥から手前にヘラを通し、手前にジェルの溜まりが出るのは仕方ありません。 ここは、指で余分なジェルを取るようにしています。

ここからカッター『MDC』の実践です。 まずは、この手前に溜まった余分なジェルをカッターで削いでいきましょう。

カッターの刃先面で余分なジェルを削いでいきます。
カッター刃の持ち方は、刃の上側でなく、中央あたりに重心を取るように持ってください。 上側を持ってしまうと、削ぐに力が逃げやすく、削ぎ力が弱まってしまいます。
また、刃先面全体が、床面に接地することを心掛けてください。
全体が接地していないと、床面に傷をつけてしまい、なんのこっちゃとなってしまいます。

最初は力の入れ具合がわからないと思うので、色々試してやってみてください。 上の写真の様に白い削り粉が出てきたら上手く削れている証拠です!

思ったより刃をフロア面に押し付けて、手前に引くでもいいですし、奥に押すでもどちらでも可能。 その際、ジェルを削る抵抗力で刃がいなされないよう、刃の角度を保ったままスライドしていく感じです。

ただし、調子に乗りすぎると知らぬ間に、床面に傷を入れてしまっている事があるので、 感覚を覚えるまでは練習あるのみ!!

ここで、余分についたジェル面を触ってみて、凸がなければ同じ要領でジェルを充填。 そしてカッター『MDC』の繰り返し。

ジェルの充填は複数回行うので、ここは面倒くさがらずこんもり充填は封印してください。 一気に充填のハードボイルド派の人には不評かもしれませんが、ここが@いなせポイントです。

充填

カッター面出し後

キズ部が平滑になり、触って違和感なければカッター『MDC』完成!!

かなりのいなせ感でペーパー使用しないといきこんでいましたが、さすがにビッグマウスが過ぎました。。 最後は#1000~#2000のペーパーで仕上げてね笑

ただし、目の細かいペーパーしか使用しておりませんので、
パテの輪郭やペーパー目を消すためのクリア吹きつけ回数が激減!

艶合わせも楽チンです!!

クリア1発目

クリア2発目

パテ跡はクリア1発目だけでほとんど来ていますね!これだと、シーラーは必要ないですね!!

乾燥後

鏡面を直すには非常に便利なこのいなせテク!ぜひ試して下さい!!