FRP樹脂やパテに混ぜるフィラー(混ぜ物)の種類を徹底紹介!

フィラー一覧

パテの強度を上げたい時やポリエステル樹脂からパテを作る時などに添加するフィラー(混ぜ物)をご紹介します。

パテの素

タルクと炭カル

タルク

FRPの増量剤や増粘剤として用いられます。

ポリエステル樹脂に混ぜていただくことで、手軽にポリパテができます。

ポリパテは、樹脂1に対し、タルクを1.1~1.5程度入れ、良く攪拌してください。

タルクは含水ケイ酸マグネシウムの粉末で、化学的に安定している物質です。大変柔らかい物質で、削りやすく、造形用のパテ充填剤として大変優れています。比重0.3ml(上記写真のものは何故か紫に変色していますが、基本は白です)

炭カル

FRPの増量剤や増粘剤として用いられます。

炭カルは単価が安いので、樹脂に混ぜていただくと、手軽に増量していただけます。

比重はタルクより重いです。比重0.6ml

運動場のライン引きで使っているアレです。

ポリエステル樹脂+タルクor炭カルでポリパテが出来ます。

そこからプラスαで特性を付加していく事が出来ます。

パテ強度アップ

ガラスパウダーとミルドファイバーとガラス中空ビーズ

ガラスパウダー

ガラスパウダーはガラス繊維を数十ミクロンに粉砕した粉末です。分散性が良好で、FRP樹脂の充填剤として使用されます。

これをパテなどに添加することで、補強、増粘、増量という効果を発揮することができます。

樹脂塗布後の表層に撒くことで、滑り止めとしても効果を発揮します。

ミルドファイバー

ミルドファイバーはガラス繊維を特殊な方法で粉砕した粉末状または綿状の短繊維です。チョップドストランドとガラスパウダーの中間的な性質です。パテ等の充填剤として使用され、耐クラック性、寸歩安定性が向上します。アエロジルで粘度を調整すると、より使いやすくなります。

ガラス中空ビーズ

ガラス中空ビーズ(マイクロバルーン、ガラスバルーン)は、平均粒径60μmのガラスパウダーと同等の粉末で、比重が0.2g/mlと軽く、FRPの軽量化の充填剤や、アエロジルと併せて軽量パテの充填剤として使用されます。また切削性、耐熱性、塗料密着性の向上効果もあります。

ファイバーパテとダレ止め

チョップドストランドとアエロジル

チョップドストランド

チョップドストランドはガラス繊維を所定の長さに切断したもので、樹脂や石膏の強化材として良く使われます。 ポリエステル樹脂での型やブロックの3次元固体やガラスマットの入らない場所への充填補強、ファイバー入りポリパテ作りに欠かせません。パテを繊維で繋ぐ事により強度が格段に上がり、割れや衝撃に強くなります。

アエロジル

アエロジルは他の増粘剤と異なり、3次元構造の結晶構造になるため安定した増粘剤となります。

また切削面が綺麗に仕上がるというよさもあります。

壁面や垂直面などで垂れるのを防止する目的で使用され、そのあたりが他のタルク、タンカルとの違いとなります。

ポリエステル樹脂に対して重量比2%程度、塗料に対しては重量比1%程度で十分効果的です。

比重が0.05g/mlと軽く、適量を添加するには他の粉体と比べるとかなりの量を入れないといけませんが、樹脂に添加する際にはダレ止めとして立面や天井面では欠かせません。

質感の再現や滑り止め

珪砂5号と珪砂7号

珪砂5号、珪砂7号

滑り止めや質感の再現としてパテに添加する砂です。

珪砂5号、荒め(中心粒径0.5mm

珪砂7号細め(中心粒径0.15mm

まとめ

フィラー一覧

パテの強度を上げるには

ガラスパウダー

ミルドファイバー

チョップドストランド(ファイバーパテ化)

粘度を上げるには

タルク

炭カル

アエロジル

ザラつかせたいときや細かな質感の再現には

珪砂

ガラス中空ビーズは

切削性、塗料密着性、耐熱性などの向上が期待できますのでサポート役といえます。

上記のフィラーは補修の際に使用するパテ(水性やシアノアクリレート系、エポキシ系など)様々なパテに添加可能です。

おもいのままに扱えるようになると、その時に最適な作業性や強度を生み出す事ができ、良い仕上がりに繋がりますので、是非参考にしてみて下さい。

オリジナルポリエステルパテを作ってみよう!!

無垢のフローリング、和室白木等の無垢材の凹みを直す方法を紹介!

凹み補修中

無垢フローリング…良いですよね~。

昔から人気はあったと思いますが、リフォームされる方等も増え、益々よく見かける様になったなぁと思います。

家に入った時の香り、肌ざわり、見た目等、僕も大好きです。

杉や松といった針葉樹などの無垢フローリングは一般的には柔らかい為、日常生活の体にかかる荷重を吸収してくれるので、快適性にも優れています。

そんな良いこと尽くめな感じの無垢フローリングなのですが、柔らかいが故にどうしても傷や凹みがつきやすいといった弱点があります。

ついてしまった傷や凹みも無垢材の味だなぁなんて思えたら良いのですが、やはり新築当初や目立つ場所だと気になってしまいますよね。

ですので、今回は無垢フローリングや和室の白木など、無垢材の凹みに限ってですが簡単に直す方法を紹介したいと思います。

水やお酢を吸い込ませ自然乾燥で直す方法

今回は杉と桧の板材を用意し、ハンマーで叩いて凹ましています。

凹ました板材

ちょっと自分の実験も兼ねてですが、水と酢を使って直していきたいと思います。なぜ酢を使うかというと、僕が補修を始めたばかりの頃に、無垢材などの凹みは水にお酢を混ぜて使うと良く直ると先輩から教えてもらいましたが、水で事足りるので今まで試していなかったのでちょっとついでに…

早速凹み部分に水だけのものと、水とお酢を混ぜたものの2通り吸い込ませます。

凹み補修中

吸い込ませたあとは自然乾燥。

凹みの深さなどにもよりますが、乾燥させてまだ凹みが分かるようでしたら再度吸い込ませ、乾燥を繰り返します。今回は3回ほど行いました。

凹みの直りが悪い様でしたら、凹み部分を繊維に沿って薄くカッターを入れてあげると、吸い込みがよくなるので直りが早くなります。

凹み補修中

凹みが目立たなくなったら、濡れたあとが毛羽立ったりしているので240番位のサンドペーパーでやすりがけをしたら作業完了。

たったこれだけで凹みが目立たなくなりました。水と酢の違いは凹みを直す事には大きな違いはなく、お酢を混ぜた方は、若干黄色く染みが残るというだけでした…(違いが分かる様に、お酢を多めにいれたのが原因かも)

凹み補修後

日焼け等で分からなくなる程度でしょうが、良く直るわけでもないので、水でOKという事がわかりました。

どこから酢が出てきたのかなと思い調べてみたら、無垢材の黒ずみや汚れなどは酢で拭き取れば綺麗になるとの事です、もしかしたらそこから無垢材には酢が良いってなったのかなぁと自己完結。

アイロンを使用する方法

同じくハンマーで叩いて凹ましました。

凹ました板材

同じように凹み部分に水を吸い込ませてから、濡らしたウエスやタオルを置き、その上から高温に設定したアイロンを当てます。スチームは使いません。

ジュ~~と水が蒸発していくので、凹みの状態を確認しながら当てていきます。

アイロンで凹み補修

まだ濡れていますが、少しアイロンを当ててあげただけで凹みはほとんど目立たなくなりました。

凹み補修中

乾燥させて、サンドペーパーでやすりがけを行えば作業完了。

凹み補修後

アイロンを使えば、自然乾燥よりも格段に早く、凹みも綺麗に直ったように感じます。

少し深めの凹みや衝撃で割れている(繊維が途切れた)ものは凹みも戻りづらく、割れた筋も残る

最後に少し深めのへこみも試してみようと思います。

凹みと穴が空いた板材

アイロンで直す方法を行った作業後になります。

凹みと穴の補修後

深い凹みになると割れている(木の繊維が切れている)ので、どうしてもその部分は元通りにはなりませんが、凹みは大分ましになるのでこれは無理かなと思ったものでも試してみる価値はありそうですね。

最後に

無垢材を選ばれている方はやっぱり木が好きで、住宅にも何かしらのこだわりがあるかと思います。自分の家を自分で、家族と一緒に直すなんてのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

今回紹介した方法は、あくまで無垢フローリングや和室の白木などの無垢材の凹みに使える方法になります。表面が加工されているものや、無垢材であってもえぐれや欠けなどは直りませんのでご注意下さい。

白木単板貼り

ダルトン(Dulton) のセクションボックスが便利!!積み重ねて収納出来るツールボックス

ダルトン セクションボックス

今回は、小さめの工具や材料をまとめて収納でき、配色もお洒落で可愛くスタッキングまで出来てしまう、ダルトンのセクションボックスをご紹介します。

ダルトン セクションボックス

【商品名

ダルトンセクションボックス

【サイズ

外寸法

H65mm×D155mm×W260mm

収納内寸法

H40mm×D145mm×W235mm

【材質】

ポリプロピレン

【価格

650+tax

“ポップでカラフルな見た目”

ダルトン セクションボックス

まずはなんといってもこの見た目!

持ち手にもそれぞれ色が入っており、ポップでキャッチーなカラーリング!

ホビー感があって可愛い!

“色は全部で5種類”

グリーン/ホワイト

ライトグレイ/レッド

グレイ/イエロー

パープル/ブラック

ダークグリーン/ブルー

全5色

“小分けにも出来る収納が便利!”

セクションボックスにツールを収納

仕事で使うパテや、小分けの塗料、カッターや接着剤などを収納してみました!

セクションボックスに電動ドリルのツールを収納

電動ドリルのビットやキリがジャストサイズなんです!この手のものは、色々増えてくると収納するところに困りませんか?

“絶妙なサイズ感!”

セクションボックスの内寸法

セクションボックス 内寸法

セクションボックス 内寸法

細かいツールを収納するにはかなりいいサイズだと思います。

中の間仕切りを外す事も出来る為、ファーストエイドや文房具、プラモデルのパーツ等、用途に合わせて使うことができ、収納に困る小物をまとめて収納が出来ますね。

ホームセンターなどには、なかなか置いていないサイズ感ですし、見た目も可愛いので、気分も上がります!

“保管にも最適 スタッキング出来る!”

セクションボックス スタッキング

セクションボックス スタッキング

 

このように好きな数だけスタッキングしたまま持ち運ぶ事ができますので、同色を重ねてもよし、5色で重ねてもよし、好きなように楽しんじゃってみましょう!

注目を浴びる事間違いなし!

数年前から流行っているダルトンさん。その雰囲気から、海外からやってきたお店と思っている人も多いと思うんですが、実は日本の輸入卸売メーカーなんですねぇ!本社は静岡にあるそうです!

“道具を愉しむ、もう一つの豊かさ”

便利で物が溢れている時代だからこそ、心を豊かにしてくれるものに惹かれます。あたり前に在る道具、身の回りのひとつひとつを面白くしていく事、愉しむ事。そこに価値があると信じています。

とても共感できるモットーですね!

【関西のダルトンはこちら】

オシャレな雑貨がたくさん置いてあるダルトンへ行きましょう!

私がよく訪れる店舗を紹介します。

 

DULTON FACTORY SERVICE OSAKA

ダルトン 大阪店

https://www.dulton.co.jp/stores/d.f.s.osaka

DULTON TEMMABASHI

ダルトン 天満橋店

https://www.dulton.co.jp/stores/tenmabashi

 

DULTON DAY STACK 八尾店

ダルトン 八尾店

DULTON DAY STACK 武庫之荘店

ダルトン 武庫之荘店

https://www.dulton.co.jp/stores/daystack

ジムニーJB64型に天井収納を設置!クレトムのインテリアバーとイレクターパイプで便利過ぎる棚を作ってみた!限られたスペースを有効に使う

車内天井収納インテリアバー

車内の脚立の収納場所って?

脚立の置き場がない

仕事道具を載せっぱなしにするのをやめ、脚立も降ろそうかと考えたが、やはり脚立は必需品。しかしこのままではスッキリしないし邪魔過ぎる・・・

以前乗っていたハイゼット同様に天井収納を作るか悩んでいます。

クレトムのインテリアバー

クレトムのインテリアバー
アシストグリップが一つしか使えないのでインテリアバー2本使うには前後取付パーツが必要

クレトムの前後取付パーツ

定番中の定番だが気が進まない・・・

なぜなら、

クレトムのインテリアバーがぐらぐらする

ぐらぐらして一体感が無くなんかスッキリせずカッコ悪い。

イレクターパイプを使ってみよう!!

アシストグリップをイレクターパイプに変換

ウチの職人さんたちの車はイレクターパイプを使って上手に車内収納を作っています!
そいつを参考にがっちりした天井収納を作ってみよう

※イレクターを使った補修屋さんの車内収納については他の誰かがいつかブログにアップするかYoutubeで気まぐれにいつか公開されるはず・・・です。

アシストグリップを外してブラケットを取り付ける!

アシストグリップを外す

アシストグリップ跡にイレクターブラケット

イレクターパイプをセット

アシストグリップにイレクターパイプセット

純正のごとし、ガッチリ付きました!車の揺れにも微動だにしない!

がしかし!安心してはなりません!

イレクターパイプが若干太いのでインテリアバーの引っ掛ける部分がハマりません。

やるしかないよ・・・

前後取付パーツの部品をイレクターパイプに移植

前後取付パーツの先端部品を取り外し

というわけでプラスチックハンマーで部品を取り外します。

前後取付パーツの部品取り外し

取り外したらイレクターパイプに挿入

イレクターパイプにインテリアバー部品入らない

えっ、、入らないよ。。。

や、やるしかない・・・

前後取付パーツの部品を加工

前後取付パーツをカッターで加工

手を切らぬように細心の注意を払いカッターでこそぎおとして下さい。

樹脂部品をマルチサンダーで削る

細くなりすぎぬよう細心の注意を払い削り倒してください。

マキタマルチサンダーで削った跡

イレクターパイプに再度挿入

前後取付パーツをゴムハンマーで叩きこむ

ちょっときつきつでゴムハンマーで叩いて入る位が丁度良いです。

イレクターパイプとクレトム商品を合体

こんな感じで出来上がりました!うん♡製品っぽい!

加工したイレクターパイプにインテリアバー

アシストグリップをイレクターパイプとクレトス部品に交換

お、いい感じ!

車内にクレトスインテリアバー設置

ジャーン!!

強靭な車内天井収納ができました。

が、しかし

この隙間では脚立が入りません・・・

エクステンションパーツでスペースを拡大!!

クレトスエクステンションパーツ

そんなこともあろうかとこんなパーツを用意しておりました!

クレトスエクステンションパーツとインテリバー

スペース確保。充分でしょ。

車内天井収納に脚立設置

見事に脚立の収納に成功。車内がスッキリしましたよ!

カーメイト アシストグリップ部ホルダーって!?

後々調べてみるとこんなに便利なブラケットがありまして・・・

カーメイトアシストグリップ部ホルダー

いままでの手間何だったんでしょうか・・・
これがあれば加工する事なく前後取付バーのパイプを直接取付できたであろう・・・

まぁ、イレクターパイプブラケットだと全部で¥700位で安くついたと言う事で納得しましょう!!

今回使った材料たち