戸建の窯業系外壁サイディング補修〜手のひらサイズの割れ凹み〜

窯業系サイディング割れ

窯業系サイディング割れ

窯業系サイディング割れ

外壁に使用される窯業系(ようぎょうけい)サイディングが割れて凹んでしまっています。

今回はこの割れを補修していきます。

一般的に「サイディング」とは板状に形成された外壁材のことを指します。金属系や木材系、樹脂系などサイディングにも色々な種類のものがありますがその中でも今回ご紹介する窯業系サイディングは、国内新築戸建の約7080%に使われており、木繊維などを混ぜ合わせセメントを板状に加工した外壁材になります。読んで時の如く、製造時に窯の中で高熱処理されるため「窯業系」と呼ばれています。

割れの原因

現場は十数年経っていると思われる共同住宅(アパート)です。サイディング継ぎ目にシリコンを打ち直す為に足場を立てるのですが、揺れ防止・転倒防止として「壁つなぎ」というものを足場から外壁に突っ張ります。

台風の多い時期ということもありしっかり目に突っ張った際に割れてしまったという哀しい事案。

壁つなぎ壁つなぎ

外壁補修の作業方法

割れて凹んでいるということは「外壁通気工法」で施工されているということがわかります。

これは外壁内部に空間を設ける事で通気を良くし、湿気から中の木材を守る工法で、現在主流となっている工法です。

こういった割れの場合、凹み部分に全てパテを入れるのは時間的コスト・強度・仕上がり的にあまり得策ではありません。

破片が残っているのであれば割れている部分を一度剥がし、下地を入れた上で再接着、継ぎ目を補修という流れが良いと判断しました。

1.一度剥がしてみる

マルチツール

ノコギリやグラインダー、マルチツールなどを駆使して剥がします。

その際、裏面には空間があるので建物側に落とさないように気をつけて剥がします。

窯業系サイディング割れ

剥がすとこんな感じ。防水シートと芯材が見えます。

2.破片をくっつける

剥がした破片は平らな面に置いてずれないように接着します。窯業系サイディングは主にセメントでつくられているのでエポキシ系接着剤であるクイックメンダーで接着します。その際は断面にエポキシプライマーを忘れずに。

3.破片の加工

窯業系サイディング破片

時と場合によりますが、そのままでは上手く入らない事もあります。

そういう時は、グラインダーで端部を削って入りやすくしてあげます。

4.木下地を入れる窯業系サイディング下地

接着した破片を固定するための木下地を入れます。

接着剤とビスを併用してしっかりとした下地にします。

5.破片の固定

窯業系サイディング接着

下地と同様に破片をビスと接着剤で固定します。

高さや柄がずれない様に慎重に。

継ぎ目とビス頭でなんとなくネコ面っぽく見えます😽

6.パテ充填〜形成

窯業系サイディングパテ充填

隙間にエポキシパテを充填していきます。

この時に大まかでもいいので大体の形を作っておくと後の研磨作業が楽になります。

パテが硬化したらサンドペーパーやリューターなどで形を整えていきます。

7.シーラー〜着色

窯業系サイディング補修後

着色剤との密着を高める為にシーラーと呼ばれる下塗り剤を塗ります。

僕は基材をより強固なものにしたいので「浸透型のカチオン系シーラー」を使う様にしています。

下地が整ったらあとは水性塗料で着色です。

よく見ると、低い所と高い所とで色が塗り分けられています。

この様に複数色使われているのものの方が補修跡が目立ちにくくなりやすかったりします。

今後の課題

窯業系サイディングに限ったことではありませんが、外部面の補修は雨風や紫外線などの影響を受けやすいので補修材料の選定と使い所が重要になってきます。

今回使用した材料や工程も大きく外れてはいないとは思いますが、他により良いものがあるのも事実。

補修にはこの時はこれをこうやって使う的なはっきりとした決まり事はありませんが、数年前までは常識だったものが今では既に非常識という様な事も多々ありますので、常に間口を広く取って風通しをよくし、良さそうなものは積極的に取り入れていく気持ちは忘れずに努めてまいります。

フローリング床鳴りの直し方 なぜ起きるのか?その原因を知ると止められる!! 床上編

フローリングの床鳴り補修

フローリングの床鳴りは気になる!

フローリングを踏む時に音が鳴るわけですが、何気ない音でも、普段の生活の中でその音が耳障りになり、神経に障る雑音に悩まされる方も少なくないでしょう。

床鳴りの補修に行かせていたただく機会が多いこともあり、様々な床鳴りがあるわけですが…

鳴りの原因と種類 そもそもなんで鳴るの?

音が鳴るには様々な要因があります。基本的に木材で構成されていますので、収縮、膨張による木材の擦れや、木やせや劣化によるビスや釘の緩み、床下の基礎や束などの接合部分の緩みなど多種多様です。 そこでよくあるとされる床鳴りの症状や床鳴り補修を紹介させていただきます。

“実鳴り”(さねなり)

フローリングのつなぎ目部分、(目地)雄実、雌実が組み合わさってできているので、そこが乾燥、湿気の影響をうけ、擦れて音が鳴っています。 新築現場、マンションの直張りフロアなどにもよく見られると思います。

フローリングの床鳴り補修

フローリングの目地にカッターを入れて、若干の隙間を作って余裕をもたせる方法もありますが、実内部には届きませんので、応急処置的になりますので、音鳴りが止む場合もありますし、止まらないところもでてくると思われます。

※カッターでフローリングを傷つける恐れがあるので、カッターの扱いには注意をしましょう!

“潤滑剤 床鳴り止まるんです”

これは鳴っているフローリングの実の部分に沿うように注入することによって、潤滑にして、擦れ部分の摩耗を軽減して音鳴りを抑える効果があります。

私も使いますが、注入した付近を叩きながら馴染ませます。 注入する実のまわりは液体がはみ出ないように、必ずマスキングテープなど養生するのがいいでしょう。 ポリプロピレンや吸着剤が入っているので、フローリングの表面のワックスなどに反応してムラになる可能性があるので注意しましょう。

注入して浸透して馴染むので音が止むのに時間差がある時があります。 あと実鳴りは、実で繋がっているフローリング自体が鳴っていますので、鳴らなくなったそばの実が鳴り出したり、音鳴りが移動していくような場合もあります。

実鳴りに関しましては、

湿気などの影響も受けやすく、鳴る時と鳴らないときがあります。

基本的に軽微な表面上の音が多いと思いますが、処置をしても音が全く変わらない、音が大きくなっていくなどする時は、別の要因を探っていく必要があるでしょう。

“釘鳴り”(くぎなり)

フローリングを下地に固定する為に釘を打ちますが、その釘が木材の収縮などにより緩み、動きが生じて、ギュッ、ギュッと擦れる音鳴りや、フローリングの下地、剛床やネダを大引きに固定する釘が同じように動く音鳴りなどがあります。

部屋内の動線、よく移動する経路上のフローリングにもよく見られると思います。 キッチン付近や、リビングの入口、ソファー付近など、どうしてもよく踏む場所はその分荷重も掛りやすく、木材も劣化やねじれが生じていきます。目に見えて劣化していなくても、動きが生じて釘鳴りになっていくことがあります。

“釘を固定して動きを止める”

まずフローリングを固定している釘を特定します。 ホームセンターなどでも売っている、下地探しの磁石でフローリングの目地に当てながら動かしていきます。

“シンワ測定 メタルキャッチャー”

中の緑棒がピコンッと立てば、下に金属があるというわけですね。 私も使いますが、個人的には磁石の反応を肌で感じたい派なので、指し棒に磁石が付いているものをよく使います。

特定したら穴を開けていきます。

フローリングの厚み12mm(無垢材で15mm程度)を0.8mm~1mmの鉄鋼ドリル刃をピンバイスに装着して開けていきます。 電動ドリルなどにつけても良いですが、目地部には手で回しても入っていくと思います。

“接着剤を注入します”

これもホームセンターで売っている接着剤! 浸透させる為に粘度が一番低いものを使います。フロア下に釘が動く隙間に注入する感じですが、穴を開ける位置や、隙間が無い場合は接着剤が入って行かなく、溢れ出てくるので注意が必要です。

養生をしっかりして、接着剤がフローリングに付かないように細心の注意をはらいます。

普段は注射器で注入していますが、ホームセンターでも売っているスポイド付の接着剤でも使えます。

接着剤を注入したあとは、セッターといわれる接着剤の硬化促進剤を注入して一気に固めることがありますが、フロア釘ぐらいなら入れなくても大丈夫だと思います。 ただ接着剤が固まってない時に足などで抑えると靴下に接着剤が付いて、そのまま歩いて悲惨な二次被害になりえますのでここも注意細心で作業を行います。

セッターに反応した接着剤は一気に硬化し盛りあがります、フローリングの基材にMDFなどが入っているとMDFも膨らみフローリングの表面もモッコリしてきますので、目地の隙間からフロア釘にセッターを注入するのは避けたほうが良いかもしれません。

“注入する時は保護メガネをしましょう!”

接着剤が溢れたり、飛び散って目にかかることもありますので、保護メガネを掛けましょう! 私も目に入ったことがありますが、それはもう… 痛熱いは、目が開かないやら…で結構大変な目に合うので、しっかり保護しながら行いましょう。

 

“フロア釘に目がけて打っても止まらない! 接着剤が入って行かない!“

ということはその部分に隙間が無く、そこで音が鳴っていない可能性があります。

そこで考えられるのは,フローリングのボンドがしっかり塗られていなくて、隙間ができている場合。 下地の構造用合板(剛床など)と根太や大引きを固定している釘が鳴っている場合があります。

“フロアと下地の隙間の間に接着剤を注入します。”

隙間ができているところは、接着剤材を流し込むわけですが、踏んでみて音が大きく、長くなる箇所に流し込みます。穴を開ける所は目地か擬似目地に開けると目立たないですよ。 流しこんだ後に荷重をかけて圧着しましょう。

下地の剛床と大引きの釘なりに関しましては、大引きの大体の位置を把握しなければなりません。大引きは900mm間隔で設置されていますので、外壁側の部屋内際部分から900ピッチで測って言って位置出しをしたり、下地センサーなどを使います。 一度床下収納から床下を覗いて見るのも良いでしょう。図面などあれば一番良いですね。

音が鳴る部分と下地の位置を確かめながら穴を開けていきますが、フローリングが12mm、剛床24~28mmだとすると、40mm以上貫けるドリル刃で無ければなりません。(最近は剛床工法、根太レスが多くなっているので剛床寸法でさせてもらいます。)

下のドリル刃は1.5mmになりますが、50mm以上の深さの穴を開けれます。

この場合は一気に固めてしまいたいのでセッター(硬化促進剤)を併用します。

なかなか位置がつかめないのと、釘が若干傾いて入ってる状態や、まわりの木材が、木ヤセ、しなりが激しいと、止まりきらないことがどうしてもあると思います。その場合、最終手段としてビスを表面から打って患部を固定し動きを止めてしまう場合もありますが…

床鳴り フローリングのビス穴

このやり方は床暖房には適しませんのでくれぐれもご注意下さい。ドリルで床暖房パネルを破損させると、多大な損害に及びます。床暖房の床鳴り施工を行う時は、サーモグラフィやガス屋さんにも来てもらって打つ位置を特定しつつ、万全な状況で作業しますので、床暖房の有無は確実に確認しましょう。

“最後に”

今回は床上からの処置の一部を紹介させていただきましたが、フローリング下地の構造用合板と大引きを固定している釘が鳴っている場合の特定は困難な場合が多く、他の要因、さらに床下で鳴っている場合もありますので、次回に床下処置編で、床下にもぐり、下からの床鳴りを、床鳴り55君に乗って止めていきたいと思います。

失敗しないシリコンコーキング! マスキングテープ貼り方のコツとヘラについて

ヘラを当てた状態

今回はシリコンコーキングを施工する際に貼るマスキングテープ
このマスキングテープを貼る位置が重要となるので、そのポイントに焦点を当てお伝えしようと思います。

お風呂場のコーキングについたカビが取れない!そういう時はシリコーンコーキングを打ち直そう

シリコンコーキングをDIYでされる方も多いと思いますが、マスキングテープの貼る位置で失敗するケースが多いのではないでしょうか。

失敗するケースとしては

①マスキングテープを剥がす際、シール材が起き上がってしまう。

コーキング失敗例の写真

コーキング失敗した写真

※マスキングテープの貼る位置が内側に寄ってしまっていた

 

②マスキングテープを剥がしたが、ならしたシール材が上手く取りきれず対象物に残ってしまった。

コーキング失敗した写真

※マスキングテープの貼る位置が外側すぎた。

 

この様にコーキング作業で失敗すると、リカバリーが非常に大変!!

一気に嫌いになってしまいます。。

そうならいよう、マスキングテープを貼る位置のポイントを説明していきます。

 

今回は壁面と平な面の隙間を例とします。

コーキングの題材の写真

 

《テープの貼る位置: 平面側》

角から外側に約1mm程の隙間を空け、真っ直ぐにマスキングを貼ります。

平面側へのマスキングテープを貼った

角がRがかってる場合は、落ち込みが始まる箇所より1mm外側を目安として下さい。

注意点
少しでも落ち込んでいる部分にマスキングテープが入り込まない様にする。

(NG例)

平面のマスキングテープ失敗位置

 

《テープの貼る位置: 壁面側》

こちらの壁面側が特にポイントとなります。

貼る位置の目安として、平面天板の高さより約1.5mm2mmの位置で真っ直ぐ貼る。

壁面へのマスキングテープ

テープを貼る時、立っている目線で見ると、その高さが分かりにくいので、平面天板の高さに目線を合わせ作業すると分かり安いと思います。

壁面へのマスキングテープ

また、目線を合わせても分かりにくいと言う場合は、平面の上に定規のような物を当て、それを基準として位置を割り出しましょう。

壁面マスキングテープ位置を測る

注意点
なるべく真っ直ぐなラインでテープを貼る

 

この位置でテープが貼れたら

マスキングテープ完了

 

シール材をならすヘラを一度当ててみます。

 

《ヘラを当て、最適角度を探る》

下の写真のように

ヘラを当てた状態

ヘラの上部が壁面マスキングテープの下側のラインに。

ヘラの下部が平面マスキングテープの内側に丁度当たる角度を探ります。

今回はこの角度!!

ヘラを当てた状態

2つの接点が合う角度が非常に重要となります。

ヘラの正しい位置の写真

 

角度が合っていない状態はこちら

ヘラの角度があってない状態

ヘラの上部がマスキングの下端から上に上がり過ぎている。
ヘラの下部がマスキングの内端より外側に寄り過ぎている。

 

ヘラの上部がマスキングの下端のさらに下になっている。

 

このような角度でヘラを使うと失敗してしまうので注意が必要です!!

ただし、隙間の大きさによっては、この2点を押さえた角度は異なります。それに合わせるためにはヘラの種類も変わってくるので、おすすめのヘラを紹介します。

《おすすめのヘラ》

コーキングヘラおすすめ

隙間の大きさに幅広く対応できる形状となっているのでお勧めです!

 

補足)
新品の状態は先が尖っています。
尖ったままだとシール材をならす時、マスキングテープが破れたり、クロスを傷つけたりするので、サンドペーパーで角を少し丸くした方がいいと思います!

ヘラの違い写真

上のヘラ→新品状態
下のヘラ→先を丸く削った状態

 

そのヘラを使用し、ヘラの上側、下側の接点をマスキングテープの端に合うように角度調整する事が重要となります!!

ヘラの正しい位置の写真

この角度を保ったまま、コーキングをならしていきます。

《シール材をヘラでならす》

まずは先程合わせた、おおよその角度で一度ならしてみる。

コーキング均し1回目

平面側は問題なさそうですが、壁面側がマスキングテープの上にまだシール材が残っている状態。

このまま剥がしてしまうと、マスキングテープでシール材を起こしてしまいますので、再度ヘラでならします。

先程より、ヘラを入れる角度が見やすい状態になっているので、改めて角度を見定めてならします。

再度ヘラで均す

ヘラで均し終わった状態

うまくならせた状態となります。

見て分かるように、マスキングの内側に基材の白いラインが見え、尚且つならしたシール材がマスキングテープ上に乗っている。

この状態になれば、成功といえるでしょう!

マスキングを剥がしてみると

マスキングを剥がしている最中

マスキングを剥がした状態

周りにシール材が残らず、充填されたシール材も均一な状態となりました!!

この要領で行うと失敗しにくいと思いますので参考にしてみて下さい!

 

このポイントを押さえつつ、
シリコンコーキング打ち変えの記事も是非参考にしてみて下さい!!

お風呂場のコーキングについたカビが取れない!そういう時はシリコーンコーキングを打ち直そう

初心者でも簡単!シリコンコーキング!アイキャッチ用

お風呂場のカビ。

カビキラーで掃除しても取れないカビ。

梅雨の時期に入るとますます発生し勢力を増やしてくるカビ。

お風呂場のコーキングにカビが生えている

お風呂のコーキングに生えたカビ

壁や床のカビは掃除すれば取れる場合が多いのですが、このコーキングに根付いた黒カビは簡単にはとれません。

巷で話題の茂木式キッチンハイター湿布で一日付け置きしても完全には取れませんでした。手強い。

一日の疲れを労うお風呂場にカビがたくさん住んでいるという…カビ達と一緒に風呂に入っているといっても過言ではありません。気になる…一度気になるとずーっと気になる。

カビが取れなければコーキングをやりかえましょう!

業者に頼まなくてもホームセンターで手に入る材料でDIY出来ますので、初心者の方でも簡単にコーキングが出来る方法を紹介していきます!

準備する物

コーキングに必要な材料

シリコンコーキング(防カビ剤入り)

カッターとコーキングヘラとコーキング剥がしヘラ

【材料】

ニトリル手袋(1サイズ下げた物がオススメ)

シリコンコーク (防カビ材入り、水廻り用)

コーキングガン

キッチンペーパー

カッターナイフ

コーキングヘラ(今回は使用しませんが一応)

コーキング剥がしヘラ(金属製、プラスチック製、あると便利!)

マスキングテープ

全てホームセンターで購入でき、2000円でおつりがくるぐらい低予算で揃います!

【コーキング作業手順】

まず既存のコーキングを剥がしていきます。

コーキング剥がし中

コーキングカット中

コーキング剥がし中

金属製コーキング剥がしヘラやカッターナイフを使用し、大まかにカット。カッターナイフは浴槽や壁に腹を沿わせるようにスーッと入れましょう。周りや手を切らないように、優しくゆっくりやりましょう。

コーキング削ぎ中

コーキングがまだ残っている場合は、周りが傷付かないよう、プラスチック製のコーキング剥がしヘラを使用し、ゴリゴリと削いでいきます。仕上がりに悪影響が出てしまうので、出来るだけコーキングが残らないように取り除きましょう。

マスキングテープで養生中

マスキングテープで浴槽廻りを養生

ある程度コーキングを剥がし終わったら掃除機でカスを吸いとり、キッチンペーパーで水分を拭き取り乾かします。

乾いたらマスキングテープで養生をしていきます。

テープを貼る幅は、もとのコーキングの幅を目安に貼れば問題無いです。あまりに太いと見栄えが悪くなります。

また、テープにシワが出来ると、コーキングを慣らす際にシワが出来てしまうので、ピシッと貼りましょう。

マスキングのポイント

コーナー部のマスキングテープの貼り方

コーナー部のマスキングテープの貼り方

マスキングテープを貼る際、コーナーの内側は少しコツがあって、写真のように少し長めにテープを伸ばし、一度しっかりと折り目を付けてから方向を変えてやると綺麗にマスキングが出来ます。

マスキングテープ 折り方

マスキングテープ 折り方

マスキングテープ 折り方

これをやっておくとコーキングを打った際、剥がすのも楽で綺麗に仕上がります。

初めは綺麗にテープを貼るのが難しいかもしれませんので、何度か練習しておくとよいでしょう。

シリコンコーキング中

シリコンコーキングをコーキングガンにセットします。蓋を開けるとアルミの膜が貼ってあるので、蓋の先っちょで穴を開けて、先っちょはマスキングした幅を目安に細めにカッターでカットします。

コーキングを出す量はあまりたくさん打たずに出来るだけ細めに、横にスライドしながら素早く打ちましょう。ここでモタモタしていると表面が乾燥してきて、仕上がりがとても汚くなりますので注意‼︎

シリコンコーキングを指で慣らし中

コーキングを打ち終わったら表面が乾燥してくる前に素早く慣らします。本職のコーキング屋さんは色んな種類のヘラを使ってコーキングを慣らしていきますが、素人の方にはなかなか扱いが難しいと思います。

指の部分が余らない様にニトリル製のゴム手袋をはめ、指で慣らすと丁度いい感じに綺麗に慣らす事が出来るので、初心者の方にはこのやり方がオススメ!片付けもとても楽です!

慣らしの際は、途中で指を止めると綺麗に仕上がらないので、一気に端から端まで慣らしていきます。

一回目は軽く指を当て押さえ、余分なコーキングを取るように。

二回目でしっかりと指を当て、仕上げます。

キッチンペーパーを手に用意しておき、指についたコーキングは拭き取りましょう。

マスキングテープ剥がし中

コーキングを慣らし終わったらマスキングテープを剥がしていきます。

外側に向けながら剥がしていくと綺麗に剥がせます。マスキングテープから外側にはみ出てしまったコーキングはキッチンペーパーで拭き取っておきましょう。

コーキング完了

シリコンコーキング完了

シリコンコーキング完了

シリコンコーキング完了

マスキングテープを剥がし終わったら完成です。コーキングが乾くまでに多少時間がかかりますので、半日程度は触れないようにしましょう。

真っ白になり、とても気持ちがいいですね!

皆さんもカビにお困りの際はお試し下さい!

レッツ、バスロマン! 

以上、細川ふみえでした!