ハイガー産業コンプレッサーカスタム!?

補修少年ケーシーの大冒険 (Repair Boy KC’s Great Adventure)後編

さて、前回はハイガーちゃんを塗装で使用した訳ですが、大癖コンプレッサーである事が判明!?なんとか塗装でも使えるコンプレッサーにカスタマイズしなければ、ケーシに未来は。。。


第二話『命懸けのカスタム編』


こいつぁ磨きゃ光るんだよ、きっと!!

兎にも角にも空気量の確保。
この問題さえ解決出来ればなと。
最低でもガンの吹きはじめと、コンプレッサーが自動停止した時、吹き続けれるだけの空気を確保する必要があるのです。
裏を返せばそれだけの空気さえあれば十分という事。
エアタンクを増設すれば間違いなく改善されるが、極力持ち運びやすさを重視したいので、もっと簡易的なモノでなんとかならんもんか、、、でもデカくなるのは嫌やしな。モノはデカくなって欲しいけど😝

ネットで調べると色々と出てくる!!
塩ビパイプでエアタンクをDIY!とか、エアーガン用の小さいタンクを使用するとか、、、
うーむ、安全性や収まり具合が微妙やなぁ。

はっ!?ケースをザクの両頬みたいなんに出来ひんかな!!カッコいいし✨

あれ!?
ザクみたいにカッコ良くは無理やけど、太ホースをケースにグルグル巻いて簡易タンクにしたら少しぐらいは空気確保出来るんじゃない?ホースDEタンク!ええやん!やってみよっ🏃🏼💨

《実験》
大容量エアホース内径9〜9.5mm、長さはケースにぐるりと巻いてえぇ感じになる5mぐらいのホースを用意。マスター角から頂いたものですが、、しかもエアダスター内蔵のめちゃええやつ、、す、すみません‼︎
コンプレッサー吐き出し口にエルボをかまして、ホースDEタンク→ケースにぐるぐる巻く→エアレギュレーター→内径8.5mm×長さ10mのエアーホース→手元エアフィルター→スプレーガン。てな具合で。
この仕様で一体どれぐらい確保出来ているのか、わからん。わからんけど、なんとなくいけそーな気がする💡

LPH101をセット完了

ドキドキ、ドキドキ、き、緊張する。。待合室くらい緊張する。。

青空の下、カスタムハイガーいざ試さん!

お、おっ、あれ、ハイガーやれるじゃないか、、これ正解!?
もうちょいでメルカリに出すとこだったよ、、送料込み2万ぐらいで、、うれしいよ、ありがとうー😭😭😭😭😭

「ケーシー。。」

んっ!?
はて、今日は未入居現場で誰もいないはず。

「ケーシー。。」

!?
誰かいる!?

ケーシー、ワタシ『ハイガー産業 タンクレスコンプレッサ ーHGDC880N1』のイガ子ヨ

😵!?!?!?

ケーシゴメンネ、ワタシモウレシイ
ワタシスグアツクナルトコアルシ
ピストンシンドウデチョットズツウゴイテシマウヨ
ワガママムスメダケドソバニイサセテネ

《ナレーション》
ハイガーに愛を注ぎ、ハイガーちゃんの声が聴こえるケーシであった。。


イガ子、可愛いなお前は
これからたくさん床とかアルミとかいっぱい染めていこうなっ よしよし 熱ッッ

太ホースを簡易タンクにする事で、吹きはじめに一気に圧が下がる現象が解消され、またコンプレッサーの設定圧に達し運転停止しても簡易タンク内の空気でなんとか補ってくれている!本体が猛烈なピストン運動により熱なるのはどーにもならん!もー知らん!アルミテープ巻いとけ!

よし、来週の玄関扉剥離再塗装で本番だ!

後日、、、

めちゃええやん!バッチリやん!デカめの玄関扉でもなんなく塗れるやん!
しかも、ガンから水ぜんぜん出ぇへんなってるし手元のエアーフィルターもいらんやん!
もー言う事無し!!


《ナレーション》
こうして、ハイガーを塗装でも使える相棒、いや、パートナーにするカスタマイズに成功したケーシであった!!

     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る