窓枠シートの縮み

簡単!窓枠 表面のシート浮き、しわを直す方法

表面の浮き、しわの原因は?

上記の写真のような症状は20年程前の物件によくみられるものです。
原因は劣化による表面シート材の縮みです。
比較的良くみられる症状で
最善の方法はシート材を全部剥がし、新しいシート材を貼るのが良いのですが…
そこまではなかなか手を掛けられないですよね。

そこで!
簡単に揃えられる道具を使って自分で直してみませんか?

自分で直せる!~補修方法~

用意するもの

・ドライヤー
・カッター
・金属製のへら(サイズ小とサイズ中)100均などで買えます。
・木工用ボンド

へら(小)はシートを押さえる用に。小さい方が押さえやすいので。
へら(中)は余分なシートをカットする際に使用するので薄い物が良いです。

ちなみに。

シートが基材から膨らんでしまっている場合は
この方法では無理なので悪しからず…

作業手順

① サッシの際に沿ってカッターを入れましょう

カッターを入れるとシート材の糊は劣化して乾燥してしまっておりこんな風にペロッと捲れます。

剥がれにくい場合は軽くドライヤーをあてると剥がし易いです。

 

② ドライヤーで温めてシート材をヘナヘナにしましょう

触ってみてシート材が柔らかくなるまでドライヤーで温めます。
思っているより早く温まります。

そして、写真にはありませんがシート材が柔らかくなったところ
しわや浮き箇所をヘラ等で平らに伸ばします。

 

ポイントとしては

ヘラで押さえる時は必ずシートがヘナヘナになってから行う事が大事です。
冷えて硬いままだとシートはすぐ破れます。

ただ思っているよりシートが温まるのが早く、熱しすぎると余計に縮れるので、よく見極めてドライヤー当ててください。

それとドライヤーを当てながら作業しますので火傷にも注意してください。
火傷しがち…

③ 木工用ボンドを塗布して圧着貼り

出来るだけ薄くのばしてボンドが溜まらない様にしてください。

ボンドを均一に伸ばせたら、へら(小)を使いドライヤーを当てながら手前からサッシ側へ徐々にめくったシートを押さえていきます。(下記 写真参照)
ドライヤーの熱とへらの押さえで熱圧着していく感じです。

シートとサッシの隙間からボンドがはみ出してくる場合は濡らした布などで拭き取れば問題ないです。

④ 余分なシートをカット

柔らかくなったシートは伸びていますので余分な部分をへら(中)を使用しカッターを添わせカットしていきます。

最後にはみ出したボンドをキレイに拭き取れば完了です。

どうでしたでしょうか?

簡易的な方法にはなりますが100均や家にある物で作業出来るので興味ある方はチャレンジしてみてください。
ドライヤーでの温めにはちょっとコツがいりますが、慣れればそこまで難しくはないので。

まぁ、自分でやったと思うと少々の失敗も納得出来たりしますから (笑)