100均リメイクシートを使って簡単DIY 貼り方のコツや使い方 小物や部屋をアレンジしよう

僕たち補修屋は、オレフィンシートやダイノック、リアテックと言ったシート材を使ったシート貼り作業も行っています。建具枠の色替え、補修困難な建具の穴、経年で汚くなった玄関扉等原因は様々ですが、見た目には対象物がまっさらな状態になるので、とてもやりがいのある作業です。

で、話は変わりますが、先日100均で物色しているとリメイクシートと言う物が目に止まりました。用途を確認すると傷や汚れの目隠し、家具や小物のイメージチェンジ等と書かれています。100円でこんなシートが買えるとは…

早速リメイクシートを何種類か買ってみました

100均のリメイクシート

店によって多少違いはあるみたいですが、柄も木目調や石目調、レザー調に単色など豊富にある為、自分好みの物が見つかりそうです。サイズも300×800や450×900等どこもこれ位のサイズ感みたい。

厚みや質感にも違いが

リメイクシート

開けてみたら、シートの質感等にも違いがありました。若干凹凸があり厚めのもの、ツルツルで紙みたいにぺらぺらのもの。経験上ですが、慣れてない方は厚めのものを選びましょう。ペラペラのものはシワ等になりやすく、貼る面が大きくなればなるほど失敗する可能性が高くなります。

裏面は目盛りがあるので貼りたい大きさにカットしやすくなっていて◎。

 

リメイクシートの貼り方

リメイクシートを貼っている途中

裏紙を一気に剥がすのでは無く、少し剥がした状態で位置決めをして貼り付けます。

リメイクシートを貼っている途中

そこからゆっくり裏紙を剥がしながら、剥がした所を追いかける様に貼り付けていきます。押さえる時はスキージーやタオル等を使えば均一に押さえられるので空気が入ったりもしにくく綺麗に貼れます。

貼る部材等によってはすぐ剥がれたり、逆に剥がれなくなったりする可能性もあるので、目立たない所で試したり、大事な物には貼らない等、自己責任で楽しみましょう。

ではいろんな物に貼ってみようと思います。

リメイクシート アレンジ実例

段ボールに貼って小物置きに

段ボールの切れ端リメイクシートを貼った段ボール

お菓子の箱をちょっとした小物入れに

お菓子の箱リメイクシートを貼ったお菓子の箱

クリアケースを自分好みの柄に

クリアケースリメイクシートを貼ったクリアケース

ノートをお洒落に

ノートリメイクシートを貼ったノート

ニッチカウンターの模様替え

ニッチカウンター

 

奥の壁に沿わせて貼っていき、サイドの入隅はヘラ等でしっかり押さえます。

ニッチカウンターにリメイクシートを貼っている途中

 

壁に沿ってカウンターまでカット。

ニッチカウンターにリメイクシートを貼っている途中

 

出っ張り部分も全て貼り付けます。

ニッチカウンターにリメイクシートを貼っている途中

 

余計な部分をカットすれば出来上がり。

リメイクシートを貼ったニッチカウンター

貼ってみた感想

試しに簡単に貼れそうなものを何個か貼ってみました。正直いつも仕事で使っているダイノックシート等に比べると、貼りやすさや粘着力などはそりゃ劣ります。ですが100円で買えて、いろいろな柄から選べれてこれだけ楽しめたら全然有りな商品です。やった事が無い方でも、慣れればカラーボックスや小さな収納扉くらいなら簡単に貼れると思うので試してみてはいかがでしょうか。

     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る