フローリング床鳴りの直し方 なぜ起きるのか?その原因を知ると止められる!! 床上編

フローリングの床鳴り補修

フローリングの床鳴りは気になる!

フローリングを踏む時に音が鳴るわけですが、何気ない音でも、普段の生活の中でその音が耳障りになり、神経に障る雑音に悩まされる方も少なくないでしょう。

床鳴りの補修に行かせていたただく機会が多いこともあり、様々な床鳴りがあるわけですが…

鳴りの原因と種類 そもそもなんで鳴るの?

音が鳴るには様々な要因があります。基本的に木材で構成されていますので、収縮、膨張による木材の擦れや、木やせや劣化によるビスや釘の緩み、床下の基礎や束などの接合部分の緩みなど多種多様です。 そこでよくあるとされる床鳴りの症状や床鳴り補修を紹介させていただきます。

“実鳴り”(さねなり)

フローリングのつなぎ目部分、(目地)雄実、雌実が組み合わさってできているので、そこが乾燥、湿気の影響をうけ、擦れて音が鳴っています。 新築現場、マンションの直張りフロアなどにもよく見られると思います。

フローリングの床鳴り補修

フローリングの目地にカッターを入れて、若干の隙間を作って余裕をもたせる方法もありますが、実内部には届きませんので、応急処置的になりますので、音鳴りが止む場合もありますし、止まらないところもでてくると思われます。

※カッターでフローリングを傷つける恐れがあるので、カッターの扱いには注意をしましょう!

“潤滑剤 床鳴り止まるんです”

これは鳴っているフローリングの実の部分に沿うように注入することによって、潤滑にして、擦れ部分の摩耗を軽減して音鳴りを抑える効果があります。

私も使いますが、注入した付近を叩きながら馴染ませます。 注入する実のまわりは液体がはみ出ないように、必ずマスキングテープなど養生するのがいいでしょう。 ポリプロピレンや吸着剤が入っているので、フローリングの表面のワックスなどに反応してムラになる可能性があるので注意しましょう。

注入して浸透して馴染むので音が止むのに時間差がある時があります。 あと実鳴りは、実で繋がっているフローリング自体が鳴っていますので、鳴らなくなったそばの実が鳴り出したり、音鳴りが移動していくような場合もあります。

実鳴りに関しましては、

湿気などの影響も受けやすく、鳴る時と鳴らないときがあります。

基本的に軽微な表面上の音が多いと思いますが、処置をしても音が全く変わらない、音が大きくなっていくなどする時は、別の要因を探っていく必要があるでしょう。

“釘鳴り”(くぎなり)

フローリングを下地に固定する為に釘を打ちますが、その釘が木材の収縮などにより緩み、動きが生じて、ギュッ、ギュッと擦れる音鳴りや、フローリングの下地、剛床やネダを大引きに固定する釘が同じように動く音鳴りなどがあります。

部屋内の動線、よく移動する経路上のフローリングにもよく見られると思います。 キッチン付近や、リビングの入口、ソファー付近など、どうしてもよく踏む場所はその分荷重も掛りやすく、木材も劣化やねじれが生じていきます。目に見えて劣化していなくても、動きが生じて釘鳴りになっていくことがあります。

“釘を固定して動きを止める”

まずフローリングを固定している釘を特定します。 ホームセンターなどでも売っている、下地探しの磁石でフローリングの目地に当てながら動かしていきます。

“シンワ測定 メタルキャッチャー”

中の緑棒がピコンッと立てば、下に金属があるというわけですね。 私も使いますが、個人的には磁石の反応を肌で感じたい派なので、指し棒に磁石が付いているものをよく使います。

特定したら穴を開けていきます。

フローリングの厚み12mm(無垢材で15mm程度)を0.8mm~1mmの鉄鋼ドリル刃をピンバイスに装着して開けていきます。 電動ドリルなどにつけても良いですが、目地部には手で回しても入っていくと思います。

“接着剤を注入します”

これもホームセンターで売っている接着剤! 浸透させる為に粘度が一番低いものを使います。フロア下に釘が動く隙間に注入する感じですが、穴を開ける位置や、隙間が無い場合は接着剤が入って行かなく、溢れ出てくるので注意が必要です。

養生をしっかりして、接着剤がフローリングに付かないように細心の注意をはらいます。

普段は注射器で注入していますが、ホームセンターでも売っているスポイド付の接着剤でも使えます。

接着剤を注入したあとは、セッターといわれる接着剤の硬化促進剤を注入して一気に固めることがありますが、フロア釘ぐらいなら入れなくても大丈夫だと思います。 ただ接着剤が固まってない時に足などで抑えると靴下に接着剤が付いて、そのまま歩いて悲惨な二次被害になりえますのでここも注意細心で作業を行います。

セッターに反応した接着剤は一気に硬化し盛りあがります、フローリングの基材にMDFなどが入っているとMDFも膨らみフローリングの表面もモッコリしてきますので、目地の隙間からフロア釘にセッターを注入するのは避けたほうが良いかもしれません。

“注入する時は保護メガネをしましょう!”

接着剤が溢れたり、飛び散って目にかかることもありますので、保護メガネを掛けましょう! 私も目に入ったことがありますが、それはもう… 痛熱いは、目が開かないやら…で結構大変な目に合うので、しっかり保護しながら行いましょう。

 

“フロア釘に目がけて打っても止まらない! 接着剤が入って行かない!“

ということはその部分に隙間が無く、そこで音が鳴っていない可能性があります。

そこで考えられるのは,フローリングのボンドがしっかり塗られていなくて、隙間ができている場合。 下地の構造用合板(剛床など)と根太や大引きを固定している釘が鳴っている場合があります。

“フロアと下地の隙間の間に接着剤を注入します。”

隙間ができているところは、接着剤材を流し込むわけですが、踏んでみて音が大きく、長くなる箇所に流し込みます。穴を開ける所は目地か擬似目地に開けると目立たないですよ。 流しこんだ後に荷重をかけて圧着しましょう。

下地の剛床と大引きの釘なりに関しましては、大引きの大体の位置を把握しなければなりません。大引きは900mm間隔で設置されていますので、外壁側の部屋内際部分から900ピッチで測って言って位置出しをしたり、下地センサーなどを使います。 一度床下収納から床下を覗いて見るのも良いでしょう。図面などあれば一番良いですね。

音が鳴る部分と下地の位置を確かめながら穴を開けていきますが、フローリングが12mm、剛床24~28mmだとすると、40mm以上貫けるドリル刃で無ければなりません。(最近は剛床工法、根太レスが多くなっているので剛床寸法でさせてもらいます。)

下のドリル刃は1.5mmになりますが、50mm以上の深さの穴を開けれます。

この場合は一気に固めてしまいたいのでセッター(硬化促進剤)を併用します。

なかなか位置がつかめないのと、釘が若干傾いて入ってる状態や、まわりの木材が、木ヤセ、しなりが激しいと、止まりきらないことがどうしてもあると思います。その場合、最終手段としてビスを表面から打って患部を固定し動きを止めてしまう場合もありますが…

床鳴り フローリングのビス穴

このやり方は床暖房には適しませんのでくれぐれもご注意下さい。ドリルで床暖房パネルを破損させると、多大な損害に及びます。床暖房の床鳴り施工を行う時は、サーモグラフィやガス屋さんにも来てもらって打つ位置を特定しつつ、万全な状況で作業しますので、床暖房の有無は確実に確認しましょう。

“最後に”

今回は床上からの処置の一部を紹介させていただきましたが、フローリング下地の構造用合板と大引きを固定している釘が鳴っている場合の特定は困難な場合が多く、他の要因、さらに床下で鳴っている場合もありますので、次回に床下処置編で、床下にもぐり、下からの床鳴りを、床鳴り55君に乗って止めていきたいと思います。

FRP樹脂やパテに混ぜるフィラー(混ぜ物)の種類を徹底紹介!

フィラー一覧

パテの強度を上げたい時やポリエステル樹脂からパテを作る時などに添加するフィラー(混ぜ物)をご紹介します。

パテの素

タルクと炭カル

タルク

FRPの増量剤や増粘剤として用いられます。

ポリエステル樹脂に混ぜていただくことで、手軽にポリパテができます。

ポリパテは、樹脂1に対し、タルクを1.1~1.5程度入れ、良く攪拌してください。

タルクは含水ケイ酸マグネシウムの粉末で、化学的に安定している物質です。大変柔らかい物質で、削りやすく、造形用のパテ充填剤として大変優れています。比重0.3ml(上記写真のものは何故か紫に変色していますが、基本は白です)

炭カル

FRPの増量剤や増粘剤として用いられます。

炭カルは単価が安いので、樹脂に混ぜていただくと、手軽に増量していただけます。

比重はタルクより重いです。比重0.6ml

運動場のライン引きで使っているアレです。

ポリエステル樹脂+タルクor炭カルでポリパテが出来ます。

そこからプラスαで特性を付加していく事が出来ます。

パテ強度アップ

ガラスパウダーとミルドファイバーとガラス中空ビーズ

ガラスパウダー

ガラスパウダーはガラス繊維を数十ミクロンに粉砕した粉末です。分散性が良好で、FRP樹脂の充填剤として使用されます。

これをパテなどに添加することで、補強、増粘、増量という効果を発揮することができます。

樹脂塗布後の表層に撒くことで、滑り止めとしても効果を発揮します。

ミルドファイバー

ミルドファイバーはガラス繊維を特殊な方法で粉砕した粉末状または綿状の短繊維です。チョップドストランドとガラスパウダーの中間的な性質です。パテ等の充填剤として使用され、耐クラック性、寸歩安定性が向上します。アエロジルで粘度を調整すると、より使いやすくなります。

ガラス中空ビーズ

ガラス中空ビーズ(マイクロバルーン、ガラスバルーン)は、平均粒径60μmのガラスパウダーと同等の粉末で、比重が0.2g/mlと軽く、FRPの軽量化の充填剤や、アエロジルと併せて軽量パテの充填剤として使用されます。また切削性、耐熱性、塗料密着性の向上効果もあります。

ファイバーパテとダレ止め

チョップドストランドとアエロジル

チョップドストランド

チョップドストランドはガラス繊維を所定の長さに切断したもので、樹脂や石膏の強化材として良く使われます。 ポリエステル樹脂での型やブロックの3次元固体やガラスマットの入らない場所への充填補強、ファイバー入りポリパテ作りに欠かせません。パテを繊維で繋ぐ事により強度が格段に上がり、割れや衝撃に強くなります。

アエロジル

アエロジルは他の増粘剤と異なり、3次元構造の結晶構造になるため安定した増粘剤となります。

また切削面が綺麗に仕上がるというよさもあります。

壁面や垂直面などで垂れるのを防止する目的で使用され、そのあたりが他のタルク、タンカルとの違いとなります。

ポリエステル樹脂に対して重量比2%程度、塗料に対しては重量比1%程度で十分効果的です。

比重が0.05g/mlと軽く、適量を添加するには他の粉体と比べるとかなりの量を入れないといけませんが、樹脂に添加する際にはダレ止めとして立面や天井面では欠かせません。

質感の再現や滑り止め

珪砂5号と珪砂7号

珪砂5号、珪砂7号

滑り止めや質感の再現としてパテに添加する砂です。

珪砂5号、荒め(中心粒径0.5mm

珪砂7号細め(中心粒径0.15mm

まとめ

フィラー一覧

パテの強度を上げるには

ガラスパウダー

ミルドファイバー

チョップドストランド(ファイバーパテ化)

粘度を上げるには

タルク

炭カル

アエロジル

ザラつかせたいときや細かな質感の再現には

珪砂

ガラス中空ビーズは

切削性、塗料密着性、耐熱性などの向上が期待できますのでサポート役といえます。

上記のフィラーは補修の際に使用するパテ(水性やシアノアクリレート系、エポキシ系など)様々なパテに添加可能です。

おもいのままに扱えるようになると、その時に最適な作業性や強度を生み出す事ができ、良い仕上がりに繋がりますので、是非参考にしてみて下さい。

オリジナルポリエステルパテを作ってみよう!!

無垢のフローリング、和室白木等の無垢材の凹みを直す方法を紹介!

凹み補修中

無垢フローリング…良いですよね~。

昔から人気はあったと思いますが、リフォームされる方等も増え、益々よく見かける様になったなぁと思います。

家に入った時の香り、肌ざわり、見た目等、僕も大好きです。

杉や松といった針葉樹などの無垢フローリングは一般的には柔らかい為、日常生活の体にかかる荷重を吸収してくれるので、快適性にも優れています。

そんな良いこと尽くめな感じの無垢フローリングなのですが、柔らかいが故にどうしても傷や凹みがつきやすいといった弱点があります。

ついてしまった傷や凹みも無垢材の味だなぁなんて思えたら良いのですが、やはり新築当初や目立つ場所だと気になってしまいますよね。

ですので、今回は無垢フローリングや和室の白木など、無垢材の凹みに限ってですが簡単に直す方法を紹介したいと思います。

水やお酢を吸い込ませ自然乾燥で直す方法

今回は杉と桧の板材を用意し、ハンマーで叩いて凹ましています。

凹ました板材

ちょっと自分の実験も兼ねてですが、水と酢を使って直していきたいと思います。なぜ酢を使うかというと、僕が補修を始めたばかりの頃に、無垢材などの凹みは水にお酢を混ぜて使うと良く直ると先輩から教えてもらいましたが、水で事足りるので今まで試していなかったのでちょっとついでに…

早速凹み部分に水だけのものと、水とお酢を混ぜたものの2通り吸い込ませます。

凹み補修中

吸い込ませたあとは自然乾燥。

凹みの深さなどにもよりますが、乾燥させてまだ凹みが分かるようでしたら再度吸い込ませ、乾燥を繰り返します。今回は3回ほど行いました。

凹みの直りが悪い様でしたら、凹み部分を繊維に沿って薄くカッターを入れてあげると、吸い込みがよくなるので直りが早くなります。

凹み補修中

凹みが目立たなくなったら、濡れたあとが毛羽立ったりしているので240番位のサンドペーパーでやすりがけをしたら作業完了。

たったこれだけで凹みが目立たなくなりました。水と酢の違いは凹みを直す事には大きな違いはなく、お酢を混ぜた方は、若干黄色く染みが残るというだけでした…(違いが分かる様に、お酢を多めにいれたのが原因かも)

凹み補修後

日焼け等で分からなくなる程度でしょうが、良く直るわけでもないので、水でOKという事がわかりました。

どこから酢が出てきたのかなと思い調べてみたら、無垢材の黒ずみや汚れなどは酢で拭き取れば綺麗になるとの事です、もしかしたらそこから無垢材には酢が良いってなったのかなぁと自己完結。

アイロンを使用する方法

同じくハンマーで叩いて凹ましました。

凹ました板材

同じように凹み部分に水を吸い込ませてから、濡らしたウエスやタオルを置き、その上から高温に設定したアイロンを当てます。スチームは使いません。

ジュ~~と水が蒸発していくので、凹みの状態を確認しながら当てていきます。

アイロンで凹み補修

まだ濡れていますが、少しアイロンを当ててあげただけで凹みはほとんど目立たなくなりました。

凹み補修中

乾燥させて、サンドペーパーでやすりがけを行えば作業完了。

凹み補修後

アイロンを使えば、自然乾燥よりも格段に早く、凹みも綺麗に直ったように感じます。

少し深めの凹みや衝撃で割れている(繊維が途切れた)ものは凹みも戻りづらく、割れた筋も残る

最後に少し深めのへこみも試してみようと思います。

凹みと穴が空いた板材

アイロンで直す方法を行った作業後になります。

凹みと穴の補修後

深い凹みになると割れている(木の繊維が切れている)ので、どうしてもその部分は元通りにはなりませんが、凹みは大分ましになるのでこれは無理かなと思ったものでも試してみる価値はありそうですね。

最後に

無垢材を選ばれている方はやっぱり木が好きで、住宅にも何かしらのこだわりがあるかと思います。自分の家を自分で、家族と一緒に直すなんてのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

今回紹介した方法は、あくまで無垢フローリングや和室の白木などの無垢材の凹みに使える方法になります。表面が加工されているものや、無垢材であってもえぐれや欠けなどは直りませんのでご注意下さい。

白木単板貼り

メタリックの方向性とは? メタリック系補修(リペア)の予備知識

ドライコートとウェットコートの塗装箇所を並べている

メタリックの方向性とは?

『メタリックの方向性』というのを聞いた事はありますでしょうか?

板金塗装の世界では一般的な知識なのかもしれませんが、我々補修業界ではそこまで浸透していない知識なのかなと思います。

自分は聞いた事がありませんでした。。

メタリック塗料と言うものは、アルミフレークと言われる微細アルミ粒子をクリア塗料に混合したものとの事。
アルミフレークは薄い板状の粒子で、その並び方によってA:正面、B:正反射(斜め45)、C:横透かし(斜め15度)での見え方に違いが生じます。

メタリックをみる角度の画像

そして塗装方法により、アルミフレークの並ぶ方向が異なってきます。

また、メタリック塗料に添加する塗料によっても並び方や見え方に違いが出る為、それを理解した上で作業するかしないかでは仕上がりも変わってくるのではないでしょうか。

では、それらの違いについて紹介していきます。

《メタリックの方向性 塗装方法での違い》

①ドライコート

塗装の塗り重ねの間隔を空け、複数回に分けて仕上げていく、いわゆるミスト吹き。
この方法は、アルミフレークの向きが均一に並びやすく、粒子の方向性が明確になる。

正面暗い 正反射明るい 横透かし暗い

ドライコート見る角度での見え方の違い図解

②ウエットコート

塗装の塗り重ねの間隔をあまり空けず、しっとりさせる、いわゆるベタ吹き。

この方法では、塗膜の中でアルミフレークが泳ぐため方向性が一定せず、ドライコートで暗く見える方向にも反射光が帰るようになり、明るさがやや見えるようになる。

正面:やや明るい 正反射:やや暗い 横透かし:やや明るい

ウェットコート見る角度での見え方図解

これらを加味して、実際にどのように見えるのか実証してみました。

《ドライコート、ウェットコート見え方の違い》

〔正面〕

ドライコートとウェットコートの塗装箇所を並べている

(ドライコート)暗い 

(ウェットコート)やや明るい 

 

〔正反射〕

ドライコートとウェットコートの塗装箇所を並べている

(ドライコート) 明るい

(ウェットコート)やや暗い

 

〔横透かし〕

ドライコートとウェットコートの塗装箇所を並べている

(ドライコート)やや暗い

(ウェットコート)明るい

 

この様に、塗装の仕上げ方によって見る角度でのメタリックの見え方に違いが生じる事が改めて分かりました!!

この他にも

 

③透明性の高い色を添加

青、緑など透明性の高い色は、粒子が小さい為アルミフレークに影響を及ぼしにくく、ドライコートと同様の見え方になる。

④不透明性の色を添加

白など不透明な色は、粒子が大きくアルミフレークにも影響を及びやすく、ウエットコートと同じ原理が働く。
また、色粒子の顔料がアルミフレークを覆う為、メタリック感が失われていく。

⑤フラットベースを添加

フラットベースを添加した場合も、④と同様の原理からウエットコートのような見え方が生じる。
ただし、④とは違い、メタリック感は損なわれないが、フラットベースの粒子が大きい為、アルミフレークを起立させメタリックがやや粗くなる。

メタシロ等のスカシコントロール剤を添加

メタリック・パール顔料の並びを変えるスカシコントロール剤。
メタシロは粒子に間に入り、メタリックを起こして、スカシ方向の白味を出す効果。また粒子感を向上させ、ギラツキが発現しやすくなる。
(スカシコントロール剤にも複数種類あり)

 

補修業に長く携わってきましたが、メタリックの補修作業する時、『メタリックの方向性』と言うことに意識を置いて作業した事は無く、感覚で行ってきました。

あまりこの知識を意識しすぎてもダメな様な気がしますが、上記で説明した方法を駆使して、調色、仕上げを行なっていく事がポイントになるようです!!

むっず。。

階段の傷を直したい!

下地処理

小さな子供にとって階段って恰好の遊び場に見えるようです。

うちの子供も歩きはじめの頃は家ではもちろん、外でも階段を見つけては登ったり降りたりを繰り返していました。

まだおぼつかない歩みでズンズン行くもんですから、一歩間違えると大変な事になりかねないと常に目を配っていたのが昨日のことの様に思い出されます。

階段の傷1

階段の傷2

そしてこれ

そんな矢先うちの子供が  ではなく、足腰の弱った41歳(厄年)の父親たかしが階段ですってんころりんすっとんとんした挙句に出来た傷になります。。

本厄で有れば救急車のお世話になっていたところですが、まさかの無傷!あっぱれ後厄!!

気になって調べてみたのですが、家庭内の事故や怪我は、全体の7割はお風呂や階段での『ころぶ・すべる』などが原因だそうです。

「特に40歳からは高所からの転落に注意」だそうで

まさにドンピシャです。

そうこう言っても我ら団塊の世代Jr.は怒られるのが大の苦手!奥さんに見つかる前にちゃっちゃと修理しちゃいましょう!

1.下地処理

なんでもそうですが、強い衝撃が加わるとその力は周りに分散されます。

今回の傷もよくみてみると

階段の傷3

上からのたかしの衝撃により上部が凹んで下部が膨らんでいます。

この辺は下記ブログに詳細が書いているのでご興味のある方は↓↓↓

パテを平らに入れるリペアのちょっとしたコツ

このままパテを埋めてもきれいには仕上がりません。この膨らみをどうにかしないと始まりませんので、手持ちのカッターや彫刻刀などを使い、面よりも凹ませる意識で掘り込みます。

下地処理1

下地処理2

するとこんな感じに。

2.パテ埋め

今回傷がついてしまった階段踏板の先端の事を『段鼻(だんばな)』と呼びます。

段鼻は人が階段を上り下りする時、もっとも体重がかかりやすい場所になりますのでしっかりとしたパテが必要になってきます。

今回はコレ

エポキシパテ

ホームセンターにも売っているセメダイン社の『エポキシパテ 金属用』を使っていきます。

棒状になっていて使う分だけをカットし、後は指で捏ねるだけで固まってくれるスグレモノです。

なぜ金属用なのか。

それは、このシリーズのエポキシパテは木部用やコンクリート用など数種類あるのですが、一番固まるのがはやいから(多分!)です。

奥さんにバレたくないので時短時短を意識します!

それともう一つ意識すること。

こういう力のかかる部分に関してはパテの接着力というのも重要になってきます。

エポキシパテ自体に接着力はあるのですが、せっかく直したのにパテが取れてしまうと危険なので小さめのビスやプライマーを先に仕込んであげる事で長持ちするはずです。

(ビスは引っ掛かりを作ってあげる事でパテがずれない様にする為、プライマーはパテの接着力を上げる為)

で、こねこねしたエポキシパテを埋めると、こうなるので

エポキシパテ2

カッターで削ったり

カッター面出し

サンドペーパーで削ったり

ペーパー面出し

なんやかんや削っていくとこうなります。

面が出た状態

3.色付け〜表面クリアー剤

ここまでまくれば7割終わったと思っていいでしょう。

あとは近い色を作り、筆やエアブラシで塗ったり木目を描いたり。

着色1

階段は仕切られた空間であることが多いので、正直、多少の色違い艶違いはそこまで気にはならないと思います。

艶調整

クリアー剤を吹付けて完成でございます。

重要なのは違和感があるか無いか

これに尽きると思います。どれだけ合った色を塗ってもパテが平らで無いと違和感が出ますし、パテが平らに出来たとしても色が遠すぎるとそこに目線が行ってしまいます。

表面クリアーもまた然り。

全ての工程が高い次元でこなせると本当にどこにあったのかわからないくらいになります。

最終的にどう見えるかをイメージしながら作業を進める事が大切です。

 

そして

ちょうど仕上がったタイミングで「ただいま〜」と奥さんの声。

階段を上り下りするも全く気付いていない様子。

ほっと胸を撫で下ろすたかし。

「おかあさんー、おとうさんが階段でなんか色々しとったよ!」

「お前おったんか!!言えよ!ほんでいらんこというなや!!」

たかしの厄年はまだまだ続く

 

壁紙(クロス)のネジ穴を直す方法 退去時など誰でも簡単に直せます!

壁紙のネジ

写真を飾ったり、鏡を掛けたりする為に壁にビスを打つことはありませんか?
賃貸物件で退去の際、そういった壁の穴が目立って敷金からしょっ引かれる事にドキドキしていないでしょうか?
模様替えなどで位置替えする際にそういった穴が気になることもあるでしょう。

壁紙の穴を直す手順と材料

そんな壁紙に空いたちょっとした穴を直す方法はご紹介します。

 

これを充填してあげればほとんど分からなくなりますよ!
ホームセンターで売っているボンドコークとかジョイントコークとか言われているものです。

ここで間違っていけないのは、必ず「艶消しタイプ」をチョイスしなければなりません!!
そして穴にこのボンドコークを入れる前にちょっとしたコツがあります。

それは・・

穴を直す前のコツ

写真のような先の丸い棒で穴の廻りの凸な部分を凹ましてやることが重要です!
たったこれだけ!
棒は、先が丸ければ何でも良いです。100均に売っている足ツボ押し棒のようなもので充分使えます!

 

こんな感じで廻りを押し込んでなだらかにします。

 

そして注入充填。

 

 

 

そしてヘラで押し込むようになぞります。(平らで少し硬い物で代用可)

 

ほとんど分からなくなってきましたよ!

 

もうほとんど分かりませんね!

余力のあるアナタは・・・

壁紙の模様をつける

ドライヤーで半乾きにさせて

 

ヘラの先っちょとか、爪楊枝とかで軽く模様を作ってあげれば

 

それっぽくなりますので、敷引きされる前にDIY補修しましょう!!

 

ホームセンターで買った補修材”かくれん棒”でプロがネジ穴を直してみる

かくれん棒

カーテンをやめてブラインドに変えたのでフサ掛けのネジ跡が目立ってしまいます。そこで今回はホームセンターに売っている“かくれん棒”と言う補修材を購入しDIY補修してみます。最後には動画もありますので良ければ参考にしてみて下さい!

 

傷を自分で直すには?

私は補修屋という家の傷などを直す仕事を生業にしている
いわゆるプロです。
なので、ホームセンターで販売されている”かくれん棒”などのクレヨン状の補修材はあくまで簡易的な補修を目的とする商品なので本来、仕事では使用しません。

ですが。

よく住まわれている方から
『自分で直すならどうしたら良いの?』と質問される事が多いので
今回は気軽にホームセンターで買える補修材の使用方法とコツを解説します!

準備する物

・クレヨン状の補修材(かくれん棒など)
・ヘラ小(補修材などに付属されている場合もある)
・カッター(小型刃)
・爪楊枝
・ハサミなど(爪楊枝をカット出来れば何でも良いです)

クレヨン状の補修材はホームセンターで購入する事が出来ます。
どこでも大体売っているので探してみてください。
ヘラは補修材に付属されている場合もありますが、無い場合は100均などで代用出来る物を購入して下さい。カッターは小型刃の方が作業し易いと思います。
爪楊枝は一般的な物でオッケーです。ハサミじゃなくても爪楊枝がカット出来れば何でも良いですよ。

作業手順と方法

カーテンのフサ掛けです。

 

外すとビス穴が出てきます。

 

ネジ穴廻りのバリをカッターでカットします。穴の周りが膨らんでいる場合は堅めの物で膨れをギュッと押さえ込んでください。膨れている場合、完全には解消されないと思いますのである程度で諦めましょう。膨らみまでカットしてしまうと傷を広げる事になるので注意してください!

 

次に爪楊枝をネジ穴に差し込みます。

 

そして爪楊枝をカットするのですが。
爪楊枝はネジ穴表面より少しネジ穴の中に入った状態が望ましいです。
表面と同じでは埋めた時に爪楊枝が顔を出してしまうので。

カットはカッターでも良いですし
一度差し込んでみて、長さの目安をつけてからハサミなどでカットすると上手くいくと思います。爪楊枝1本でスカスカの場合は本数を増やして調整してみてください。

なぜ、爪楊枝を差し込んでいるのかというと。
ネジ穴は深いので穴を浅くしているのです。浅くする事によって穴をかくれん棒で埋める際、奥には入っていかない様になり埋めやすくなります。

 

ここでかくれん棒(白)の登場!

 

埋めるがごとし、擦り付けます。
温めると柔らかくなるので
ドライヤーなどを使用すると比較的、埋め易いかもです。

 

ある程度埋まったら、ヘラで平にしながら不要な分を取り除いていきます。

 

もう一つの穴も同じようにして完成です!

作業結果はこちら!

いかがでしょう?

穴のままよりは,ちょっとマシなんじゃないでしょうか?
もちろん、穴がわかると言えばわかりますが…

そもそも。

こういう傷などは、生活していて目がそこに向いてしまうかどうか
離れて見ても目立っているかどうか、というのが問題なのです。

穴が同系色の物で埋まっているだけで前ほどは気にならなくなりますよ。
自分でDIY補修する仕上がりとしてはそこまで悪く無いと思います。

とは言え
私はプロなのでこの仕上がりでは完成とは言えません!

さらなる仕上がりを求める方はこちらの動画を!!
先程の続きからプロが作業し仕上げてみたら…

土間手型シリコン型取り案件(前編)

手を押し付けた直後のモルタル

やった事のない仕事をする時っていつも期待と不安が入り混じっている感覚になります。

僕はどちらかと言えば不安がち野郎なので、ハイッハイッ!!ハーイ!って手を挙げるほどの積極的にはなれないものの、やり出すとめちゃ楽しいみたいな感じな野郎でしょうか。

今回もそんな案件の一つ。

〜誰の仕事?〜
よく戸建住宅のエントランス土間にある「家族の手型」の型をとり、尚且つその既存の手型も生かすと言うお仕事です。
家を建て替える際にその手型を残したいというお客様のご希望です。
既存の手形を綺麗に取る事が出来ればなんの問題もないのですが、破損の可能性もある事から保険としての型取りと言うわけです。
なぜ補修屋さんに?!と思われるかもです実際どこに頼めばいいかわからないですよね。

型取り対象素材としてはケミコンと呼ばれている色付きモルタルの様なものにエポキシが混ぜてある様な材料との事。

型取りなどやった事がないので何から初めていいのかわからないのでいつものようにネットで先人のチカラをお借りします。
石膏・シリコーン・型取り君・おゆまるくん・ブルーミックス等々
聞いたことのあるものから全く知らないものまで色々出てきます。
ただケミコンの手型を型取りしてみた!的な記事はどこを探しても見つからないので自分で考えるしかありません。

相手が樹脂モルタルであれば表面はそこそこ強そうですが外部にあるものなので表面は劣化していてもおかしくない。
イメージを膨らませ、今回は一番壊れにくいであろうシリコーンで型取りをしてみる事にしました。
決め手は硬化した時、伸び縮みがありすべすべヌルヌルしてそうなのでなんかいい感じに型取り出来そう!っていうところです。

という事で本番まで時間があるので一旦実験してみる事にしました。
用意するものは、
・シリコーン(Amazonで一番安いもの)
・モルタル (ホームセンター)
・木枠(離型の為にバイオランテープを貼りつける)
・離型剤(シリコンバリアー)くらいでしょうか。

【型取り用シリコン】NEW RTV-M4(w) (RTV-M4(w) 1KG 硬化剤4%タイプ)

手を押し付けた直後のモルタル

手を押し付けた直後のモルタル

モルタル手型硬化後

モルタルが硬化するまで2〜3日待つとこんな感じに

シリコンバリアー流し込み後

この上にシリコンバリアーを塗布してそこにシリコーンを流し込みます。

硬化剤の量や気温で左右されますが、大体数時間〜半日くらいで硬化します。今回は大事をとって丸1日そっとしておきました。

で、いざ剥がしてみると

手型失敗

あかん、やってしまいました。
シリコーン型にモルタルの表面層がくっついて来てしまいました。これは完全に失敗です。

考えられる原因としては、
・モルタルの押さえが弱かった。
・モルタルの硬化時間が短かった。
・離型剤塗布が少なかった。
・思った以上にシリコーンがモルタル にくいついた。

などが挙げられます。
ほぼほぼいけると思っていたのでショックがデカイです。
しかし落ち込んでばかりもいられません!
なんとかせねば!!

日頃の行いがいいのか何なのか分かりませんが、丁度そのタイミングでfixus古賀さんとドクターリペアマン小磯さんが主催する石材リペア講習会に参加させて頂くことになりました。

「なんかドクターは型取りとかめっちゃ知ってそうやし一回聞いてみたら?」
不甲斐ない僕を見るに見かねた社長からのナイス助言。さすが社長!!

ということで半分下心を胸にいざ埼玉県へ、、、

〜未知との遭遇〜
講習会や飲み会、その他の集まりと言われる集まりに参加しない(いや、出来ない?!)ボワボワです。僕らのメンバーの殆ど、いや全員が他の補修屋さんと絡む事など初めてで、講習会参加ともなれば不慣れなおっさん達にとってかなり高いハードルになってきます。
前夜からドキ胸状態のおっさん3人ですが、埼玉に着いたら急にアレが襲ってきました。

アレとはまさに、マリッジブルー、、、

ならぬ講習会ブルー。。。

おっさんら朝から緊張でもう地元に帰りたくなって、おのずとタバコの量も増えてしまいます。

事前情報山本調べでは、

フィクサス古賀氏は中々の武闘派
ドクター小磯氏は中◯しの無毛派

もはや恐ろしくて震え上がるしかありません。

でもお金も出してもらってるし、言い出したん僕やし、折角夜通し車を飛ばして埼玉まできた手前いくしかないだろ!!
っちゅうことで剃毛覚悟で行ってきました!

大理石を磨くドクターリペアマン

大理石を磨くドクター

カルチャーショックKC

カルチャーショックからその場から動けないKC

内容の詳細はあまりお伝え出来ませんが猛者達が集まり繰り広げられるその会は僕が想像してた以上に得たものがあったし、皆さん気さくな方が多かったと思います。
古賀さんは常に気にかけて話しかけてくださり、ご自身の事から現在の補修業界の事、これからこうして行きたいっていう展望なんかも聞けてカルチャーショックをかなり受けてしまいました。
小磯さんにいたっては打ち出の小槌ばりに聞けばなんでも答えて頂き、正直自分の知識のなさを恥ずかしく思ったと同時にやはりこの業界で食べていくつもりであれば常に研究熱心であれと教えられた様な気がしました。

ショックによる放心状態で今回の裏テーマである「ドクターに型取りの事聞く」ミッションをすっかり忘れるところでした。
講習会が終了してドクターの元へ駆け寄り型取りについて聞きたい旨を伝えると、「結構ねーこの分野はねー僕得意なんすよ!」と神対応!!
お疲れのところ申し訳ないと思いつつも甘えてしまいかなり詳しく教えて頂きました。

型取りの図

わざわざ図に書いて説明して頂きました

僕もそれなりに調べたりしてはいましたが、全く知らなかった事や経験しないとわかり得ない事など、もうあの分厚い胸で締め殺されてもいいと思える程濃イィところまで教えて頂きました。ほんとに感謝しかないです。

〜予習と復習〜
ドクター小磯氏に教わったことを忘れないうちに帰阪してすぐにもう一度実験をしてみることにしました。

1.対象物に離型剤を塗り重ねる
2.第1シリコーン層をつくる
3.FRPの要領でガーゼを仕込む
4.第二シリコーン層をつくる
5.シリコーンブロックを何個か置く
6.バックアップ層をつくる
7.対象物が大きくバックアップ層が樹脂の場合、反ってくるので木で枠組みをする
8.その枠組みとバックアップ層を固定する

大まかには言えばこんな感じです。
そして出来上がったものがこれ

型取り復習①型取り復習②型取り復習③

大成功!!
離型も完璧!
7.8の木枠は省きましたがバックアップ層が完璧にその役割を果たしています!

成功へのイメージが一気に明確になった様な気がしてテンションがブチ上がり、現場駐車場で小躍りをしてしまいました!

後編へつづく

土間手型シリコン型取り案件(後編)

手型型取①

〜そして本番、紆余曲折〜

 

本番当日。

晴れ渡った空。

外での仕事が気持ち良く先日までの寒気が嘘の様です。

 

そして今回の相手がこちら

ケミコン手型①

ケミコン手型②

サイズ的には300×500ほど

そこまで大きくは無いとお思いでしょうが僕には高くてぶ厚い擁壁の様に見えています。

横では解体屋さんが容赦なくお屋敷をぶっ壊していて補修を生業としている身としては何か思う所もあり心が揺さぶられる感はあります。が、やることは同じ。落ち着いてやれば何も難しいことは無いと言い聞かせて挑みます。

解体中

こんな状況でやってました

 

何はともあれまずは型を取れる状態を作らないといけません。

前日の雨で濡れているのでヒートガンでスピーディに乾燥、そして清掃。

からの型枠を作っていきます。

乾かすKC

乾かすKC

型枠KC

型枠KC

 

型枠が動いてしまうとその後の作業に影響してしまうので動かない様にしっかりテープで固定します。

 

どうしても地面と型枠の間に隙間ができてしまうのでその隙間を埋めるように油粘土を詰め込みます。

それが済んだら塗り残しなく離型剤を重ねていきます。

油粘土KC

油粘土KC

離KC

離KC

ケミコン手型にシリコンを流し込む

離型剤がしっかり乾いたら少しずつシリコーンを流し込んでいきます。

今回は【型取り用シリコーンゴム 1kgセット】KE-12 型取りシリコン 信越化学工業製 を使いました。

【型取り用シリコーンゴム 1kgセット】KE-12

玄関ポーチ前のアプローチ部分が少し傾斜しているため結局6缶も使ってしまいました

シリコン硬化待ち

 

天気がよく気温も高い事もあり、2時間ほどで完全に固まりました(もちろん間にガーゼを挟んでいます)

 

固まったのを確認したら離型剤をふんだんに塗り重ねてバックアップ層であるポリエステル樹脂を流し込みます。

ポリエステル樹脂流し込み

ここで問題が発生します。

いかんせんキロ単位の樹脂を扱う経験が乏しい山本は樹脂の攪拌不足?硬化剤の量?から硬化不良を起こしてしまいました。

硬化していく樹脂が縮み、反り、シリコンから勝手にはがれていきます。

ポリエステル樹脂硬化不良①

ポリエステル樹脂硬化不良②

ごめんKC

 

何度やっても同じ状況になることと、シリコン層自体がそこそこ厚みがあるのでバックアップ層無しでも型崩れしないので問題は無いのでは?という推測から、樹脂バックアップ層の形成は断念しました。。

元々、余裕を見て2日工程で見てくれていた社長。

僕の失態を見越していたかのような社長の見積り。

さすがです。

上手くいけばその日に終わりましたが気持ちが追っ付いて行かないまま初日が終了しました。。。

 

〜終わり良ければ・・?〜

疲れ果てていたにも関わらずあまり眠れませんでした。

迷惑かけてるの今回だけやないし、うまくいかなかったら補修屋辞めよう。という重いのと、なんだかんだ言っても出来ることはやったしあとはなるようになるやろ!という軽いのが入り混じった何とも言えない気持ちのまま現場に到着。

 

基材の損傷無く上手く離型出来るのか?

バックアップなしで本当に大丈夫なのか?

そもそも上手く型取り出来ているのか?

 

口から心臓が

型枠解体①

出てきそうな…

型枠解体②

んっ??

型枠解体③

 

型枠解体④

型枠解体⑤

…デロンと離れてくれました。

何の抵抗も無くデロンと…

しかも結構きれいに…

手型型取①

手型型取②

厚みがあるので結構しっかりしています。

 

前日からの心配をよそに、基材の破損も無くしっかりとした型も取れて結果的に本来の目的が果たせてしまいました。

 

予定通りには作業が進みませんでしたが、結果的には上手く型がとれて、お客さんも喜んでくれたのでよかったです。

でもこれはただのラッキーで本来ならばあまり褒められるような結果ではありません。

頭で描いたプロセスを経てゴールする事に意味があると思うのですが、今回は落とし穴に落ちたらたまたまゴールへのつながってる裏路だったみたいな感じでちょっと複雑な気持ちになってしまいました。

 

僕らの仕事は自分ではまだまだだと思う仕上がりでもお客さんによっては喜んでくれたり、逆にそれくらい当然やろ!と思われたりすることがあります。現場に入る立場や状況、環境などでゴールの場所自体が変わってくる難しい仕事だと思います。

 

今回の現場はとても寛大なお客さんだったからよかったものの、別のお客さんであれば失敗と言われても仕方のない状況だったのかもしれません。

どんな現場でも思い描いた方法で自信を持ってゴールへ辿り着く事が出来るように日々努力と研究を欠かさず頑張って行こうと思います。

 

簡単!窓枠 表面のシート浮き、しわを直す方法

窓枠シートの縮み

表面の浮き、しわの原因は?

上記の写真のような症状は20年程前の物件によくみられるものです。
原因は劣化による表面シート材の縮みです。
比較的良くみられる症状で
最善の方法はシート材を全部剥がし、新しいシート材を貼るのが良いのですが…
そこまではなかなか手を掛けられないですよね。

そこで!
簡単に揃えられる道具を使って自分で直してみませんか?

自分で直せる!~補修方法~

用意するもの

・ドライヤー
・カッター
・金属製のへら(サイズ小とサイズ中)100均などで買えます。
・木工用ボンド

へら(小)はシートを押さえる用に。小さい方が押さえやすいので。
へら(中)は余分なシートをカットする際に使用するので薄い物が良いです。

ちなみに。

シートが基材から膨らんでしまっている場合は
この方法では無理なので悪しからず…

作業手順

① サッシの際に沿ってカッターを入れましょう

カッターを入れるとシート材の糊は劣化して乾燥してしまっておりこんな風にペロッと捲れます。

剥がれにくい場合は軽くドライヤーをあてると剥がし易いです。

 

② ドライヤーで温めてシート材をヘナヘナにしましょう

触ってみてシート材が柔らかくなるまでドライヤーで温めます。
思っているより早く温まります。

そして、写真にはありませんがシート材が柔らかくなったところ
しわや浮き箇所をヘラ等で平らに伸ばします。

 

ポイントとしては

ヘラで押さえる時は必ずシートがヘナヘナになってから行う事が大事です。
冷えて硬いままだとシートはすぐ破れます。

ただ思っているよりシートが温まるのが早く、熱しすぎると余計に縮れるので、よく見極めてドライヤー当ててください。

それとドライヤーを当てながら作業しますので火傷にも注意してください。
火傷しがち…

③ 木工用ボンドを塗布して圧着貼り

出来るだけ薄くのばしてボンドが溜まらない様にしてください。

ボンドを均一に伸ばせたら、へら(小)を使いドライヤーを当てながら手前からサッシ側へ徐々にめくったシートを押さえていきます。(下記 写真参照)
ドライヤーの熱とへらの押さえで熱圧着していく感じです。

シートとサッシの隙間からボンドがはみ出してくる場合は濡らした布などで拭き取れば問題ないです。

④ 余分なシートをカット

柔らかくなったシートは伸びていますので余分な部分をへら(中)を使用しカッターを添わせカットしていきます。

最後にはみ出したボンドをキレイに拭き取れば完了です。

どうでしたでしょうか?

簡易的な方法にはなりますが100均や家にある物で作業出来るので興味ある方はチャレンジしてみてください。
ドライヤーでの温めにはちょっとコツがいりますが、慣れればそこまで難しくはないので。

まぁ、自分でやったと思うと少々の失敗も納得出来たりしますから (笑)