スペインの銀行の彫刻の修復前、修復後

リペア職人の将来と健康

最近、健康に対し意識高い系になりつつあるKCです。こんにちわ。

ある日、ふと考えた事を書いてみました。

リペア業界は以前、とても閉鎖的で、傷の直し方みたいなものはあまり明るみにされてはいませんでした。

この直し方は秘密!が当たり前でした。

が、昨今SNSなどの流行と共にその技術、技法、材料が惜しげもなく披露されており、職人の腕は急激に成長しているわけであります。ありがとう承認欲求!!

またリペア職人によるコミュニティも盛んで、互いに切磋琢磨しあい意識の向上と共に、日本のリペア業界は世界に誇れる技術であると言っても過言ではありません。

最近ニュースで見た記事では、スペイン北部の銀行の外壁にある笑顔の女性の彫刻が修復作業により秘孔を突かれ、[あべし]と化しました。人によっては[ひでぶ]とか[ぶべら]ともいいます。

スペインの銀行の彫刻の修復前、修復後

技術者がいないのでしょうか?日本のリペア職人が施せば、こんな事にはならなかったのでは。スペインの現場監督は何故この仕上がりでOKしたのか。

海外のとんでもビフォアフはたまにニュースになりますよね。

ところで。

モノの傷を直す、古くなったモノを輝いていたあの頃の状態に復元するというその特殊な技術と引き替えに、使用する材料の中にその代償は確実に存在しており、我々リペア職人は毎日のように、備蓄にビーチク、ビーチクに備蓄。

要するに身体に訳の分からないケミカルな物質がどんどん蓄積され汚染されていっているのです。

有機溶剤による発がん性、アレルギー、精神神経症状、内臓疾患、その他健康被害。毎日少しずつです。

SNSではその特徴からか、補修屋の皆んな、健康に気をつけようよ!こうやって対策しようよ!みたいな投稿を見た事がありません。

昔はよく、シンナーを吸うと脳が溶けるとか、漫画でラリってるヤンキーが歯ボロボロみたいな描写を良く見かたものです。最近見なくなりましたね。

ほとんどのリペア職人さんはそんな事どーでもいいんだよ、どーせ大したことない。

考えたこともないよ。

そんな事言ってたら仕事にならんよ。

20年やってるけど平気だよ?と

そういった声は非常に多いんです。

健康なうちは、大丈夫だと言えるんです。

ですが、私の周りにはいます。

症状に気付いた時には遅かった。何故もっと早く対策しておかなかったのか。と

何故、健康被害を気にも止めないのか。後々こうなるよって誰にも教えられていないから?気にするだけ無駄?YouTube観よー?美味いもん食いたーい、酒呑みたーいから?

以前に比べて、忘れっぽくなってはいませんか?

鼻が詰まったり呼吸がしにくくなってはいませんか?

反射神経や、味覚が鈍ってきてはいませんか?

気付かないうちに老化にブーストかかってますよ!!

我々は『一つの傷を直す代償として、その身体、その脳に一つの傷を刻んでいっている』のかもしれません。

目には見えない所で少しずつ少しずつ。

塗料、接着剤、パテ、毎日扱う身近なものに有機溶剤がふんだんに練り込まれています。それはもうふんだんにです。

有機溶剤は体内に入ると体中を巡ります。

体が吸収すると排出されず、慢性中毒(蓄毒性)になります。

溶剤は揮発性が高く、皮膚や呼吸器からも体内に入り、 血液とともに全身を巡ります。また水に溶けにくいので尿と一緒に排出されにくく、神経や脳にも残留し、悪影響を与え続けるので慢性中毒(蓄毒性)となります。

脳や内臓、肌、目、ありとあらゆる器官に悪影響を及ぼします。

また有機溶剤には発がん性のリスクが高いものが多いのです。

癌は欧米諸国ではどんどん減っているですが、先進国の中でも日本だけ増え続けているそうです。食生活やストレス社会、要因は色々とあるのでしょうが。

対策しなければ、痴呆症になるリスクはかなり高くなると思われます。

この機会に、普段自分たちが使用している材料の成分を知る事から始めてはみませんか?

有機溶剤一覧表

使わないといけない物は使わないといけないのですから、せめて意識だけでもしてみてはどうでしょうか?

出来るだけ素手で触らないように。

出来るだけ直接吸い込まない様に。

安心、安全は誰もコントロールはしてくれません。

気をつけろって言ってはくれません。

知らず知らずのうちに、少しずつ見えないところから、体調不良はやってくるのです。そして、原因不明やストレスという便利な肩書で片付けられてしまうのです。

まだまだ歴史が浅いリペア業界。

末永く、より一層繁栄する為には、我々リペア職人が健康でいる事に他ならないと私は思います。

健康といえばそう、皆さんが毎日の様に口にしている人口甘味料ですがコイツがまたクセものでして、、、ごにょごにょ