アルゴファイル  アルティマ5 リニアストロークサンダー 使用レビュー

補修屋という仕事柄、現場に行ってみないと作業の詳細がわからないというケースもあります。
なので、あらゆる状況に対応出来る様、色々な道具を車に積んでいます。

その道具の中には年に数回使うかどうかという物も…
意気揚々と買ったもののほとんど使ってない…など

この道具、あの時に使えると思って買った物ほど活躍する現場が一向に無かったりするという
そんな傾向にある気がします…
これがあったら便利、作業効率が良くなりそうだし欲しいなと思ってはみますが

結局のところ、あまり使う機会ないかな…で購入を躊躇している物が結構あったりします。

これもそのひとつ。

無くてもまぁ何とかなるし、と思っていた道具。同業者で頻繁に使用されてる方も居るとは思いますが、個人的にこれはそんな立ち位置でした。

アルゴファイル  アルティマ5 ついに買いました!

アルゴファイルアルティマ5の付属品
外装

 

アルゴファイルアルティマ5付属品
付属品: 本体、電源アダプター、先端×9種類、ゴムスタンド、のり付きペーパー#240×10枚、説明書
ペンサンダーというのでしょうか?
削りにくい細部や入隅の成形、狭く奥まったの面調整や研磨など。
プラモデルやフィギュアを作られる方達には
お馴染のツール。ちなみに有線です。

プロクソン ペンサンダーorアルゴファイル アルティマ5 比較!

アルゴファイルアルティマ5の先端パーツ各種

この商品の購入を考えている人は大抵プロクソンのペンサンダーと比較検討されているのではないでしょか?
値段はプロクソンの方が安いのでじゃ、そっちで良くない?と思いますが。
大きな違いは
プロクソンは左右のスライドに対しアルティマ5 は前後のスライドの為、より狭い箇所や細かい箇所の作業に向いています。またアルティマ5 には電源を兼ねた
スピードの調整ダイヤルが後方に付いています。

 

 

一方、プロクソンはスピードの調整が出来ず一定の様ですが、必要な方は
電源との間に別途調整ダイヤルをはさみ使用されている様ですね。
決してプロクソンの方が劣っているという訳では無いので
用途によって選択したら良いのかなと思います。

アルゴファイル アルティマ5  トルクが無い?

アルティマ5 のレビューを見ていると
押し付けた際にトルクが無く摩擦で止まる、もしくは遅くなるとコメントもちらほら。
先端を面研磨するものにし、スピードを下げて強めに押し付けると
確かにその様な症状はありますが、そこはスピードの調整でカバー出来る範囲だと思いました。
あくまで細部の加工を目的とするツール。
元々、そこまで押し付けて使う物でも無いと思っているので、主観的ですが…

アルゴファイル アルティマ5  先端の耐久性は?

アルゴファイルアルティマ5 の先端パーツ

 

先端の材質はABS樹脂です。
なので、耐久性についてはこれからなので不明ですが…
先端だけのセットで販売されているのでそこまで深く考え無くても良いと思います。
樹脂なので逆に好きな形に加工出来るというメリットがありますよね。
いっそ好きな形にしてしまうというのもアリなんじゃないでしょうか?

 

あとカスタムにはなりますが
先端に雲母堂本舗さんのITASAN万能剣先型を取り付けてる方も結構居られる様です。
特殊目薄板ステンレスヤスリで全方向に削れ、目詰まりも無いとの事。
興味ある方は“アルティマ5  ITASAN”で検索してみてください。

アルゴファイル アルティマ5 は買いです!

気軽に買える値段のツールでは無いですが

手作業での加工から考えると格段に早く、仕上がりも綺麗に進める事が出来るので買って良かったと思いました。

趣味から仕事から
あらゆる細部を加工する方にオススメします!
     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る