アネスト岩田 E4空気キャップ LPH-50改

E4空気キャップとは?

 

アネスト岩田スプレーガンの空気キャップにはE1E2E4BP4W50-B6ど多種多様にあり、それぞれのガンの特性に合わせた空気キャップが使われています。


その中のE4空気キャップというのはLPH-
80シリーズの一部のモデルに使用されている空気キャップで、そのE4空気キャップはLPH-50にも装着でき、パターン幅も20%〜40%ほどアップするという汎用性の高い空気キャップになります。


因みにLPH-50は通常、
E2空気キャップが装着されています。

 

E2、E4空気キャップ

 

あと余談にはなりますが、ネットを検索していると

W-50-136BG

いわゆる”極みミニ”にE4キャップを装着されている方も居られる様で…

その方曰く、E4キャップに変更した方が良い結果を出しているとの事です。
用途によるかとは思うので一概には…なところもありますが
使用できるみたいですよ。

 

 

E2空気キャップとE4空気キャップの違い

見た目の違い

中央の塗料吹き出し口の両脇と

エア吹き出し口の数が倍になっているのがわかります。これによりパターン幅の拡張に影響があるようです。

 

E2、E4空気キャップの違い
出典:プロホンポ

パターン幅の違い

LPH-50のセッティングは全く同じにし、空気キャップだけ変更して検証してみたいと思います。

E4キャップ使用でパターン幅は20%〜40%増という事ですが…

 

吹付パターン幅の違い

 

 

一目瞭然!

E2キャップの方はパターン幅が100mm前後であるのに対し
E4キャップの方はパターン幅が130〜140mmほどありました。
ここまであからさまとは…
キャップの違いでここまで変わるのですね…
ちょっとすごくないですか?

E4空気キャップ 使用結果

正直、ここまで違いが出るとは
思って無かったです。

見事にスペック通りの結果となりました。

 

LPH-50とE4空気キャップ

 

個人的には1番使用頻度の高い
スプレーガンであるLPH-50。

E4空気キャップに変更する事により

今までの使い方+比較的広い面積にも対応出来るという、嬉しい結果となりました。これまで以上に登場回数が増えそうな予感です。

気になられた方は是非お試しください!

 

アネスト岩田LPH-50 ニードルパッキン交換はこちら

ニードルパッキン交換 アネスト岩田LPH-50

     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る