階段のトリマー加工

トリマー加工 階段シート貼り替え

今回は階段の踏み板に加工されている滑り止め、ノンスリップ加工です。

たまにあるんですが、ノンスリップの溝が途中でなくなっているんですね… 集成材や突板などもやって来ましたが、今回はシートタイプの踏み板です。

滑り止めの形状にもよりますが、集成材だと加工して、その部分のみの補色で大体いけるんですが… シートタイプはそのままトリマーを走らせると、加工痕が汚くなるのでノンスリップ部分のみを剥がします。

階段のトリマー加工

トリマーで彫り込み

彫りこむ位置だけ合わせ、あとは4mmビットでストレートガイドを装着して彫り込みます。

ストレートガイドは大体のトリマーに購入時についてます。基本的にトリマーはガイドがないとスムーズに加工できないことが多いです。

トリミングガイド、テンプレートガイド、円きりガイドや、ビットの先にローラーが付いていて、そわしなから彫り込むコロ付ビット。彫りたいところだけを加工したい場合に作る自分だけのジグを作るなど、色々な加工に幅をもたせられます。

 

側板際部分は、トリマーのプレート分彫れなくなるので、定規とカッターで当たりをつけて、彫刻刀か一分ノミを使って、ペーパーで仕上げます。

プライマー塗布、両面テープ貼り込み

基材がMDF(木質繊維の成形材)なので加工はしやすいですが、繊維質なので、プライマーを塗る際吸い込みやすいのでしっかり塗っていきます。

充分乾燥させてから、両面テープを全体的に貼り込みます。その際ノンスリップの溝部の凸凹を分けて貼ると溝のラインがしっかりでて綺麗に貼れると思います。

階段のシート貼り替え

シートの貼り込み

しっかり圧着しながらシートを貼り込みます。ノンスリップの凸凹は、両面テープを分けて外しながら貼っていきます。

階段のシート貼り替え

階段のシート貼り替え

側板と蹴込板の絡みをカットして、ノンスリップの溝のラインが綺麗に通ってるのを確認して完了です。

 

基本的にシートを貼ってしまってから、加工のミスを見つけてしまっても、指名したあとにチェンジが出来ないことがあるのと同じで、もう後戻りできません。 なので加工したあとにシートの端切れなどを仮貼りしてチェックするのも良いと思います。

木工加工は後戻りできないことが多い為、指名…いや加工する前にもう一度、採寸、当たりの確認を行って、自分の胸に本当に良いのか確認して、その想いを心に刻みながら作業を行ない、現場をあとにします。