壁紙(クロス)のネジ穴を直す方法 退去時など誰でも簡単に直せます!

写真を飾ったり、鏡を掛けたりする為に壁にビスを打つことはありませんか?
賃貸物件で退去の際、そういった壁の穴が目立って敷金からしょっ引かれる事にドキドキしていないでしょうか?
模様替えなどで位置替えする際にそういった穴が気になることもあるでしょう。

壁紙の穴を直す手順と材料

そんな壁紙に空いたちょっとした穴を直す方法はご紹介します。

 

これを充填してあげればほとんど分からなくなりますよ!
ホームセンターで売っているボンドコークとかジョイントコークとか言われているものです。

ここで間違っていけないのは、必ず「艶消しタイプ」をチョイスしなければなりません!!
そして穴にこのボンドコークを入れる前にちょっとしたコツがあります。

それは・・

穴を直す前のコツ

写真のような先の丸い棒で穴の廻りの凸な部分を凹ましてやることが重要です!
たったこれだけ!
棒は、先が丸ければ何でも良いです。100均に売っている足ツボ押し棒のようなもので充分使えます!

 

こんな感じで廻りを押し込んでなだらかにします。

 

そして注入充填。

 

 

 

そしてヘラで押し込むようになぞります。(平らで少し硬い物で代用可)

 

ほとんど分からなくなってきましたよ!

 

もうほとんど分かりませんね!

余力のあるアナタは・・・

壁紙の模様をつける

ドライヤーで半乾きにさせて

 

ヘラの先っちょとか、爪楊枝とかで軽く模様を作ってあげれば

 

それっぽくなりますので、敷引きされる前にDIY補修しましょう!!

 

     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る