ヘッドライトをポリッシャーで磨く

ヘッドライトの黄ばみ、曇り除去

先日、仕事の車の車検が近づいてきたので車屋さんへ見積もりに行って来ました。

車は仕事で1番使う道具と言っても過言ではないので、しっかり点検してもらい、しっかりメンテナンスしてもらおうと思いながら見積もり確認。

高っ!

すぐさま

「最低限これはやっとかないとっていう内容だけやったらどれくらいですか?」

と確認する自分…

再度見積もりを出してもらい確認すると、一際目を引く項目が。

ヘッドライト磨き、コーティング・・16000円

これも絶対必要なのか聞いてみると、曇りがあり明るさ不十分で車検に通らないとの事。

ヘッドライトの曇りとか気にしてもなかったし、車検に通らないなんて初めて聞いたのでビックリでした。

ですが、

以前ウチのブログか動画で、ヘッドライトを磨いているのを見た事があったので、自分でも作業が出来る事は知っていました。

なので、ヘッドライトは自分で作業することを伝え、無事に見積もり完了。

ヘッドライトの磨き

さて、車検に通す為にヘッドライトの磨き作業を行っていきます。
最近巷では「ヘッドライトスチーマー」たるものが話題ですが、少しでも予算を抑える為、手持ちの道具でキレイにします。
16000円の作業代と思えば、休みの日でも重い腰が上がります。

ヘッドライトの黄ばみ、曇りヘッドライトの黄ばみ、曇り

今まで気にしていませんでしたが、言われてみると確かに曇ってます。

ヘッドライトをマスキングで養生

まずは、マスキングテープでヘッドライトの回りを養生。

ヘッドライトの研磨

ヘッドライトを耐水ペーパー で研磨ヘッドライトを耐水ペーパー で研磨

早速耐水ペーパーにて研磨していきます。
今回は800番、1000番、2000番の順番で研磨、水をたっぷりつけながら研磨しますが、水がどんどん濁るので綺麗な水で流しながら、曇りを確認しながら研磨しました。
2000番をあてている頃には、水で濡れている状態だとかなりクリアになってきました。
綺麗に拭き取り、乾燥させると白っぽいというか艶のない状態に。

コンパウンドでの磨き

ヘッドライトをポリッシャーで磨くヘッドライトをポリッシャーで磨いた後

ペーパーでの研磨の後はコンパウンドで磨いていきます。
手作業でも可能でしょうが、やはり機械があれば楽です。
サンダポリッシャーにスポンジバフを付けて全体を磨くとこんな感じ。
見た目ではほぼほぼ完成といったところでしょうか。

コーティング剤で仕上げ

車のコーティング剤

ヘッドライトをコーティング中

ヘッドライトの磨き作業後ヘッドライトの磨き作業後

最後にカー用品店で買ったコーティング剤で仕上げます。
付属しているクロスに付けて塗るだけというもの。
見た目では違いが分かりません…が、やらないよりはですね。

これにて作業完了。

これくらいやっておけば車屋さんも何も言わないでしょう。