シートフロアのシート捲れ

表面の剥がれた床表面の剥がれた床

「シートフロアのシートが剥がれているのですがシート貼れますか?」

このようなお問合せをよく頂くのですが、いつも頭を悩ませております。

色々と研究(すごーーーく考えるだけ)した結果、シート材を貼れない事はない!ただし、目違い、不陸(糊溜り等)、そもそもメーカーがフロアのシート材を出さない(ウチの会社が小さすぎて出してくれないだけだと思う)為、全く同じシートが使用できない。シート剥がれが発生する箇所は決まって日当たりの良すぎる所で、手貼りでシートを貼っても(製品は接着剤塗布、すごいプレス(圧着)してる。多分・・・)結局剥がれてきちゃいます。原因は紫外線なのかガンマ線なのか良く分からないですが・・・と言うわけで補修屋なので補修しましょ!

シートフロアのシート剥がれリペア開始

結構剥がれてますね。カットしてパテは最強に面倒なのでシートをできるだけ残す。クイック5で接着しましょう。

クイック5は床の部分貼り替え時にも使います。これを使用する時は焦る焦る!いかんせん5分で固まる物で塗って圧着まで行わないといけません。気分は爆弾処理班。宇宙服みたいなの着て自分の息しか聞こえない感じ・・・。すごいでしょ補修屋さんも!?ちょちょいとやって結構な金持って帰る楽な商売って訳じゃないです~結構戦ってますよ~(怒)

押さえながらのローラー。ベテランになると更に写真まで撮れちゃうという(笑)。

接着しました。すごい不陸ですね・・・。

ポリパテ入れて削るべし

イェイ。マキタ君!

ブラシを持ってくればちょっと楽なんやけど…と言う事は・・・
1 入居者さんに声をかけ道具を取ってくると伝える。
2 マンション上層階なのでエレベーターを待つ。
3 なかなか来ない。
4 エレベーター降りたらダッシュで車行ってブラシ・コンプレッサーとる。
5 車にロックをかけたか確認する。
6 エントランスでインターホン押して入居者さんにオートロック開けてもらう
7 エレベーターなかなか来ない。
8 ダッシュで部屋に向かう
9 玄関前でまたまたインターホン押す。開けてもらう。
10 息切れてる。

ええい~!そんなことなら筆じゃ!!日本人なら筆じゃ~!!
と言う訳で・・・・

注)シート剥がれ意外は一切手を付けておりません・・・

     

←ブログ一覧へ戻る

←ホームへ戻る