補修中の石壁

石材の簡単な補修方法 TENAXを使って

欠けている石壁

1 足付けペーパー掛け行います

パテが密着するように、また石は固い為、粗めのペーパー#60位で欠け部を削ります。

2 パテ充填

ポリパテを充填します。ここでは「TENAX」と言うイタリア製の石材用パテに調色剤を混ぜて使用しました。基本的に石材に後から塗料を使って着色したくないので、できるだけこの時点で石の色を合わせ決めます。細かいドットやマーブル模様は後から塗料で描く事もありますが、できるだけ色を塗りたくない為、パテに顔料粉を混ぜる際の混ぜ具合によってそれらを表現します。
「TENAX」の注意する点は、完全に硬化すると硬すぎてペーパーで研ぐのがかなり大変ですので完全に固まる前に研削します。

補修中の石壁

3 形成及び艶合わせ

石材の艶合わせはペーパーの番手、パテの研ぎ方で決まってきます。この石材の艶は#220程で仕上げました。番手を上げたり擦りすぎると艶が上がり質感が変わってきますので、艶の感じを見ながら注意して削ります。艶が高くなりそこだけ「てかったり」した場合は、お勧めしませんが艶消しスプレーを軽くミストで吹き付けたりします。ただし、スプレーのメーカーによってはすぐ黄変するものがありますので無黄変の物を使うべきです。

補修後の石壁

直った風です!でもこれで充分!!