凹み補修中

無垢のフローリング、和室白木等の無垢材の凹みを直す方法を紹介!

無垢フローリング…良いですよね~。

昔から人気はあったと思いますが、リフォームされる方等も増え、益々よく見かける様になったなぁと思います。

家に入った時の香り、肌ざわり、見た目等、僕も大好きです。

杉や松といった針葉樹などの無垢フローリングは一般的には柔らかい為、日常生活の体にかかる荷重を吸収してくれるので、快適性にも優れています。

そんな良いこと尽くめな感じの無垢フローリングなのですが、柔らかいが故にどうしても傷や凹みがつきやすいといった弱点があります。

ついてしまった傷や凹みも無垢材の味だなぁなんて思えたら良いのですが、やはり新築当初や目立つ場所だと気になってしまいますよね。

ですので、今回は無垢フローリングや和室の白木など、無垢材の凹みに限ってですが簡単に直す方法を紹介したいと思います。

水やお酢を吸い込ませ自然乾燥で直す方法

今回は杉と桧の板材を用意し、ハンマーで叩いて凹ましています。

凹ました板材

ちょっと自分の実験も兼ねてですが、水と酢を使って直していきたいと思います。なぜ酢を使うかというと、僕が補修を始めたばかりの頃に、無垢材などの凹みは水にお酢を混ぜて使うと良く直ると先輩から教えてもらいましたが、水で事足りるので今まで試していなかったのでちょっとついでに…

早速凹み部分に水だけのものと、水とお酢を混ぜたものの2通り吸い込ませます。

凹み補修中

吸い込ませたあとは自然乾燥。

凹みの深さなどにもよりますが、乾燥させてまだ凹みが分かるようでしたら再度吸い込ませ、乾燥を繰り返します。今回は3回ほど行いました。

凹みの直りが悪い様でしたら、凹み部分を繊維に沿って薄くカッターを入れてあげると、吸い込みがよくなるので直りが早くなります。

凹み補修中

凹みが目立たなくなったら、濡れたあとが毛羽立ったりしているので240番位のサンドペーパーでやすりがけをしたら作業完了。

たったこれだけで凹みが目立たなくなりました。水と酢の違いは凹みを直す事には大きな違いはなく、お酢を混ぜた方は、若干黄色く染みが残るというだけでした…(違いが分かる様に、お酢を多めにいれたのが原因かも)

凹み補修後

日焼け等で分からなくなる程度でしょうが、良く直るわけでもないので、水でOKという事がわかりました。

どこから酢が出てきたのかなと思い調べてみたら、無垢材の黒ずみや汚れなどは酢で拭き取れば綺麗になるとの事です、もしかしたらそこから無垢材には酢が良いってなったのかなぁと自己完結。

アイロンを使用する方法

同じくハンマーで叩いて凹ましました。

凹ました板材

同じように凹み部分に水を吸い込ませてから、濡らしたウエスやタオルを置き、その上から高温に設定したアイロンを当てます。スチームは使いません。

ジュ~~と水が蒸発していくので、凹みの状態を確認しながら当てていきます。

アイロンで凹み補修

まだ濡れていますが、少しアイロンを当ててあげただけで凹みはほとんど目立たなくなりました。

凹み補修中

乾燥させて、サンドペーパーでやすりがけを行えば作業完了。

凹み補修後

アイロンを使えば、自然乾燥よりも格段に早く、凹みも綺麗に直ったように感じます。

少し深めの凹みや衝撃で割れている(繊維が途切れた)ものは凹みも戻りづらく、割れた筋も残る

最後に少し深めのへこみも試してみようと思います。

凹みと穴が空いた板材

アイロンで直す方法を行った作業後になります。

凹みと穴の補修後

深い凹みになると割れている(木の繊維が切れている)ので、どうしてもその部分は元通りにはなりませんが、凹みは大分ましになるのでこれは無理かなと思ったものでも試してみる価値はありそうですね。

最後に

無垢材を選ばれている方はやっぱり木が好きで、住宅にも何かしらのこだわりがあるかと思います。自分の家を自分で、家族と一緒に直すなんてのもたまにはいいんじゃないでしょうか。

今回紹介した方法は、あくまで無垢フローリングや和室の白木などの無垢材の凹みに使える方法になります。表面が加工されているものや、無垢材であってもえぐれや欠けなどは直りませんのでご注意下さい。

白木単板貼り キズや劣化した和室の白木部分を綺麗にする